【酒井忠次】徳川四天王筆頭武将の生涯

徳川家康の天下統一に最も貢献したのが徳川四天王ですが、その筆頭をご存知ですか。

そう、酒井忠次です。

冷静沈着なブレーンでもあった酒井忠次の人生について見ていきましょう。

 

酒井忠次の出自(1527年)

酒井忠次は、1527年(大永7年)、徳川氏の前身である松平氏に古くから仕える譜代家臣・酒井忠親の次男として三河額田郡井田城(愛知県岡崎市井田町城山公園)に生まれます。幼名は小平次といいました。

酒井忠次は、元服後、酒井小五郎、後に左衛門尉と称し、徳川家康の父・松平広忠に仕えます。

その後、徳川家康(このとき7歳で竹千代といっていましたが、本稿では便宜上徳川家康の名で統一します。)が紆余曲折の後に、天文18年(1549年)に人質として今川家に移されることとなったのですが、その際、23歳の酒井忠次は譜代家臣の最年長者としてこれに同行して駿河国に赴いています。

徳川家康が駿河国へ移った後も尾張国・織田家と駿河国・今川家との間では激しい戦いが繰り広げられ、今川家に従属する三河国・松平家は、対織田家との戦いの最前線で戦わされます。

そして、酒井忠次もまた織田家との数々の戦に今川方の武将として出陣し、そこで武功を挙げています。

 

徳川家康の三河国統一まで

今川家からの独立(1560年)

その後、1560年(永禄3年)5月、桶狭間の戦いの際、徳川家康は今川軍の先鋒として大高城にいたのですが、今川義元が討ち取られたどさくさに紛れて駿河国に戻ることをやめて三河国・岡崎城に戻って徳川家(当時は松平家)を今川家から独立させる決断をします。

そして、徳川家康は、このときに今川家との決別の証として今川義元から貰った当時の松平元康という名を捨て、松平家康に改名します。

独立を果たした徳川家康は、直ちに今川家に抑えられていた三河国の支配権の取り戻しに奔走します。

長く苦しい三河国平定戦の始まりです。

なお、徳川家康は、永禄5年(1562年)1月15日、徳川家と織田家(今川家の宿敵)との同盟を締結して、対外的にも今川家との決別を表明しています。

三河国一向一揆(1563年)

ところが、徳川家康の三河平定戦の最中に、三河国西部にとんでもない事態が起こります。

永禄6年(1563年)、西三河で大規模な一向一揆が発生し、これに乗じて若い徳川家康の統治能力に疑問を持った家臣団が一斉に徳川家康に反旗を翻したのです。

このとき徳川家康に反旗を翻した家臣には、その後徳川家康の参謀となる本多正信、徳川十六神将の蜂屋貞次、三方ヶ原の戦いで徳川家康の身代わりとなって討死した夏目吉信などの家中の有力者も多く含まれていました。

また、酒井忠次の属する酒井家でも、酒井忠次の叔父である酒井忠尚を始めとする幾人もの者が一向一揆に与して徳川家康に敵対することとなりました。

この三河一向一揆は、徳川家(松平家)の存亡の危機であり、その後の三方ヶ原の戦い、神君伊賀越えと並んで徳川家康の3大危機と言われています。

もっとも、酒井忠次は、一族が離反していく中でも徳川家康への忠義を貫き、決して徳川家康に敵対することはありませんでした。

その後、一向一揆勢との戦いは、永禄7年(1564年)1月15日の馬頭原合戦に勝利した徳川家康が優勢となり、徳川家康はその勢いで一向一揆方と和議を結んで三河一向一揆を解体させます。

そして、多数集まって反乱を起こす一向一揆の怖さを痛感した徳川家康は、その後一向一揆を弾圧し、本願寺の寺院に他派・他宗への改修を迫り、拒まれた場合には寺院を破却するなどの弾圧を行います。なお、この後、天正11年(1583年)まで19年もの長きに亘って三河国は本願寺禁制の地とされました。

他方で、徳川家康は、このときに離反した家臣には寛大な処置にとどめ、家中の結束を守ることに成功しています。

当然の話ですが、このとき徳川家康につき従った家臣団(酒井忠次や本多忠勝など)は、徳川家康からの強い信頼を得ることとなりました。

酒井忠次吉田城主となる(1564年)

三河一向一揆解体直後の永禄7年(1564年)、酒井忠次は、吉田城攻めで先鋒を任され、守将の小原鎮実を撤退させて無血開城させるという武功を挙げ、戦後吉田城主に任じられます

吉田城を得たことにより、徳川家(松平家)は、東三河の国人衆を概ねまとめ上げることになり、酒井忠次がその東三河の旗頭として東三河の国人を統御する役割を与えられました。

なお、西三河は石川数正が同様の役割を担っており、このころの徳川家では、酒井忠次と石川数正の2人を筆頭家老の地位にいたことがわかります。

徳川家康の三河国統一(1566年)

そして、酒井忠次らの活躍もあって、徳川家康は、永禄9年(1566年)5月に念願だった三河一国の平定を成し遂げます。

そして、徳川家康は、朝廷からもその功績から三河守に叙任され、これを機に、同年末に松平姓を徳川姓に改めました。

 

徳川家の勢力拡大

三河国を統一した徳川家康は、織田信長と共に飛躍の時代を迎えます。

それに伴い、酒井忠次は、徳川家の主力を担う筆頭部隊として、徳川家康が出陣するあらゆる戦場に向かいます。

徳川家康の遠江国侵攻(1569年)

徳川家康の最初のターゲットは、今川義元を失った今川家の領地遠江国です。

今川家は、駿河国と遠江国を治めていたのですが、当主今川義元を桶狭間の戦いで失い、後を継いだ今川氏真が統治能力不足と考えた徳川家康と武田信玄の思惑が一致します。

そこで、1569年(永禄12年)、徳川家と武田家との間で今川領の切り取りの話が行われて、武田家が駿河、徳川家が遠江を切り取るとの同盟が成立します。

このとき、徳川方の交渉役としてこの軍事同盟をまとめ上げたのが酒井忠次でした。

そして、実際徳川軍・武田軍の今川領同時侵攻作戦が行われ、酒井忠次はその遠江国侵攻戦でも活躍をして徳川家の遠江国獲得に貢献しています。

姉川の戦い(1570年)

また、元亀元年(1570年)の織田・徳川連合軍と、浅井・朝倉連合軍との戦いである姉川の戦いが勃発します。

このとき徳川軍は姉川沿いで織田軍の西側に陣取ります。

この戦いでも、酒井忠次は、小笠原信興の部隊と共に朝倉軍に突入して火蓋を切り、その後は崩れそうになる戦線を支えて勝利に貢献をしています。

三方ヶ原の戦い(1573年)

ところが、その後徳川家に試練が起きます。

元亀3年(1573年)、足利義昭の要請を受けた武田信玄が西上作戦を開始し、徳川領に侵攻してきたのです。

勢いにのる武田軍は次々と徳川方の城を落としていき、徳川家康の本拠岡崎城に迫ってきます。

籠城戦ではなく野戦を選んだ徳川家康は、三方ヶ原で武田軍と戦いになりますが、大敗に終わります。なお、この戦いでも、酒井忠次は、徳川軍の右翼を担い、敵軍の小山田信茂隊を打ち破る活躍をみせています。

三方ヶ原の戦いで徳川家康は、浜松城に逃げ帰ったのですが、酒井忠次が城の櫓上にて太鼓を打ち鳴らして味方を鼓舞し、武田方には伏兵のあることを疑わせて引き返させたと言われています(実際には、城門を開け放しにして武田軍を疑心暗鬼にさせた話を脚色したと考えられていますが。)。

長篠設楽原の戦い(1575年5月)

天正3年(1575年)5月21日、織田・徳川連合軍と武田軍との雌雄を決する有名な長篠設楽原の戦いが行われたのですが、その戦いの直前に極楽寺で行われた軍議の際、酒井忠次は、設楽原に布陣した織田・徳川連合軍に攻め入る武田軍の背後をとる策を献策します。

そして、織田信長に献策の実行を許された酒井忠次は、決戦前夜である同年5月20日深夜に別動隊4000人(酒井忠次の配下500人、徳川軍2000人、織田軍1500人)を率い、西進してくる武田軍を南側から迂回して豊川を渡河し、さらに尾根伝いに進んで武田軍の退路上にある長篠城を囲む砦群を奇襲し、鳶巣山砦を陥落させて長篠城を救出した上に勝頼の叔父・河窪信実等を討ち取り、長篠城を解放する大功を挙げています。

武田軍は、酒井忠次によって退路を断たれ、長篠設楽原で敗れた後、名だたる武将をことごとく失う大損害を被りました。

この酒井忠次の大功は織田信長に大絶賛され、長篠設楽原の戦い後、織田信長から「背に目を持つごとし」と称賛されています。

 

松平信康切腹事件(1579年)

徳川家康の嫡男であった松平信康は、永禄2年(1559年)に徳川家康が人質とされていた今川家の本拠であった駿府で生まれます。

永禄5年(1562年)に織田家・徳川家間に清洲同盟が成立すると、その関係強化のため、永禄10年(1567年)5月、松平信康は織田信長の娘である徳姫と結婚します(共に9歳の少年少女でした。)。

同年6月、松平信康は浜松城に移った徳川家康から岡崎城を譲られ、以降同城に移り住みます。また、このとき直属の譜代家臣も与えられます。

同年7月、元服し、織田信長の偏諱「信」の名を与えられ、以降松平信康と名乗ります。なお、徳川家康が永禄9年(1566年)徳川に改姓しているため、徳川信康と名乗っていたはずですが、江戸時代に「徳川」姓を名乗るれのは将軍家・御三家・御三卿に限るとの方針がとられたため、死後徳川信康から松平信康に格下げされています。(そのため、本稿では松平信康で統一します。)。

松平信康は武勇に優れていたと言われ、天正元年(1573年)に初陣を果たした後、数々の武功を挙げていき、徳川家康の後継者としての地位を固めていきます。

ところが、順風満帆だった松平信康を奈落の底に落とす事件が起こります。

松平信康の正室である徳姫(織田信長の娘)は、姑である築山殿と折り合いが悪く、結果として築山殿の子である松平信康とも不仲となっていきました。

そんな中、徳姫は、天正7年(1579年)、使者として織田信長の元に赴く酒井忠次に、徳姫が松平信康と不仲であること、築山殿と松平信康が武田勝頼と内通していると記載した手紙預けます。

織田信長は、徳姫からの手紙を見て激高し、酒井忠次に対して事の真偽を詰問します。

織田信長に問い質された酒井忠次は悩みます。

手紙の内容を否定すれば、織田信長にその娘である徳姫が嘘をついているということになりますので、織田家に喧嘩を売るようなものです。徳川家と織田家との戦になりかねません。

他方で、手紙の内容を肯定すれば、松平信康は裏切り者の汚名を着せられ切腹を命じられます。徳川家は嫡男を失います。

究極の選択です。

悩みに悩んだ酒井忠次は、この詰問は織田信長が徳川家をつぶす口実を探しているものであると察し、徳川家を守るため、松平信康を切り捨てる決断をします。

そして、酒井忠次は、全く弁明することなく徳姫が書いた内容が全て事実であると認めました。

織田信長は、酒井忠次の回答を聞き、徳川家康に対して築山殿と松平信康の処分を命じます。

これに対し、徳川家康もまた、徳川家を守るため、やむなくこれに同意します。

徳川家康は、天正7年(1579年)8月29日、まずは佐鳴湖畔で築山殿を殺害し、続いて同年9月15日、二俣城に幽閉していた松平信康を切腹させます。

徳川家康は、切腹の直接のきっかけを作った酒井忠次の選択を責めることはありませんでした。

そればかりか、徳川家康は、苦しい選択を強いられた酒井忠次をその後も重用し続けます。

 

徳川家康天下取りへ

神君伊賀越え(1582年6月)

天正10年(1582年)6月2日、京にいた織田信長が配下の明智光秀の謀反により横死するという大事件(本能寺の変)が起こります。

このとき、酒井忠次は、僅かな伴を連れた徳川家康と共に堺から京に向かう途中だったのですが、このままでは明智光秀に捕られて命を落とすことは目に見えていますので、急遽本拠地三河に帰らなければならない事態に陥ります。

そして、徳川家康らは、明智光秀の手が及んでいない伊賀の山越ルートでの帰国を決めます。

このとき、酒井忠次らは、落武者狩りから徳川家康を守り抜き、無事武士三河国に帰り着きました(神君伊賀越え)。

天正壬午の乱(1582年6月〜)

織田信長が死亡したことより、武田家の遺領を抑えきれなくなった織田家家臣団が甲斐国・信濃国から撤退します。

これにより統治者不在となって権力の空白地帯となった武甲斐国・信濃国を狙って徳川家、北条家、上杉家が三つ巴の戦いを繰り広げます(天正壬午の乱)。

そんな中、徳川家康は、天正10年(1582年)6月27日、酒井忠次を信濃国へ派遣して信濃国衆の懐柔を図ります。

そして、酒井忠次は奥三河・伊那経由で信濃国へ侵攻しましたが、諏訪頼忠や小笠原貞慶らの離反により失敗しています。

もっとも、天下壬午の乱では、徳川家康が上杉領・真田領を除く信濃と甲斐全域を獲得し、徳川家は、先の駿河侵攻を含めてわずか数ヶ月で5国を領有する大大名となります。

また、徳川家康は、武田家家臣団を吸収し、人材登用も進みました。

なお、このとき採用された武田家臣団の大半を井伊直政が引き受けたことから榊原康政が不満を漏らしたところ、酒井忠次が榊原康政を叱責して井伊直政と榊原康政の仲を取り持ったという逸話が残っています。

小牧長久手の戦い(1584年3月)

天正12年(1584年)3月、小牧長久手の戦いの際には、池田恒興と共闘する森長可が先行しているのを見て、同年3月17日、酒井忠次らが5000人の兵でこれを奇襲しこれを破り敗走させています。

その後、幾度かの戦いを経た徳川家康が同年6月28日に清洲城に移る際、酒井忠次は、徳川家康から小牧山城を預かっています。

 

酒井忠次死去(1596年)

天正13年(1585年)、徳川家の双璧とされていた宿老・石川数正が出奔して豊臣秀吉に寝返ったため、酒井忠次は、徳川家第一の重臣となります。そして、酒井忠次は、天正14年(1586年)10月24日に家中最高位の従四位下・左衛門督に叙位任官されています。

そんな酒井忠次も60歳を越えて老が見えはじめたこと、眼病を患って目が見えなくなってきたことから、天正16年(1588年)10月、嫡男の酒井家次に家督を譲って隠居します。

なお、徳川家康が、天正18年(1590年)の小田原征伐の後に関東に移封されたときに、子ほ酒井家次が徳川家康から下総国臼井に3万7000石を与えられた際、他の徳川四天王3人が10万石規模を与えられたことを抗議します。

もっとも、このとき酒井忠次は、徳川家康から「お前も我が子が可愛いか」と松平信康事件の不手際を責められて何も言えなくなったとの逸話が残されています。

そして、徳川家康四天王筆頭酒井忠次も年には勝てず、慶長元年(1596年)10月28日、京都桜井屋敷で死去します。享年70歳でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です