【築山殿】悲劇の死を遂げた徳川家康の最初の正室

東照大権現・徳川家康の最初の正室であった築山殿(つきやまどの)は、徳川家康の命により殺害されています。

余りにも有名な歴史的事件なのですが、その詳細は実はよくわかっていません。

かつては織田信長の命令によるものであったとするのが一般的だったのですが、現在では疑問を呈されています。

よくわかっていない事件であることを理解しつつ、本稿では、歴史的事実関係を基に、かつての説を踏まえて説明し、疑問点を提起したいと思います。

築山殿の出自

築山殿は、今川家一門である駿河国・持船城主であった関口親永または瀬名義広と、井伊直平の娘であり今川氏親の養女(今川義元の乳母、又は妹)となった母の間に生まれます。

生年は不明で、夫の徳川家康と同じ歳とする説(1542年生)、2歳年上とする説(1540年生)、12歳近く年上の1廻り歳上だったとする説があります。

なお、築山殿は、鶴姫、関口瀬名、瀬名姫、お瀬名の方、築山御前、駿河御前とも呼ばれますが、本稿では築山殿で統一します。

 

徳川家康(当時は松平元信)の正室となる(1557年1月15日)

天文11年(1543年)12月26日に、西三河の小大名の子として生まれた徳川家康(幼名:竹千代、本稿では徳川家康で統一します。)は、三河・遠江・東三河を治める今川義元の下に人質として預けられ、8歳から駿河国で生活をしていました。今川家の下で成長した徳川家康が年頃になると、今川義元は、松平家を取り込んで三河支配を盤石化するために、その結婚相手となる一門衆から年頃の娘を探します。

そして、ちょうど年頃の娘としていたのが、築山殿でした。

そこで、今川義元は、弘治3年(1557年)、築山殿を養女として迎えた上で、同年正月15日、徳川家康と結婚させます。

この結婚は、駿河・遠江・東三河を治める大大名である今川家の娘と、西三河の小大名に過ぎない松平家の当主とが結びつくためのものであり、実質的には松平家が今川家の支配下に入ることを宣言するものでした。

もっとも、当初は、徳川家康と築山殿の仲は良く、2人の間には、永禄2年(1559年)3月6日に嫡男・竹千代(後の松平信康)を、永禄3年(1560年)には亀姫(後の奥平信昌の正室)が生まれています。

なお、徳川家康は、今川家で人質として育ち、今川家の武将として活動を始めます。なお、徳川家康が駿府で生活をしているため、当然築山殿・竹千代・亀姫も駿府で生活していました。

 

築山殿と徳川家康との確執

桶狭間の戦い(1560年5月19日)

今川義元が、尾張国・織田家を滅ぼすために出陣さた際には、今川軍の先遣隊として尾張国に派遣され、大高城に兵糧を運び込む作戦を成功させています。

ところが、徳川家康が大高城に入って今川義元の到着を待っていた際、永禄3年(1560年)5月19日の桶狭間の戦いにて、今川義元が織田信長に討たれるとの報が徳川家康の下に届きます。

ここで、今川家に戻るか、今川家と袂を分かちて独立するかの決断に迫られた徳川家康は、今川義元というカリスマを失ったためにジリ貧になるであろう今川家から独立することを選択し、駿府に戻ることなく松平家の本拠地である岡崎に帰還しました。

この選択は、松平家にとって見ると織田信長の勝ち馬に乗った最良の選択と言える決断ですが、今川一門の娘であった築山殿にとって見ると最悪の決断でした。

駿府で今川家の人質となる

徳川家康が駿府に戻ることなく岡崎城に入ってしまったため、築山殿、嫡男・竹千代・亀姫らのみが駿府に取り残されることとなります。

結果、築山殿らは、今川家を継いだ今川氏真の下で、裏切り者の妻子という扱いを受けることとなってしまいます。

いわば、捕虜の扱いです。

もっとも、このことは徳川家康にとっても由々しき事態です。正室と嫡男を今川家に押さえられているということは、交渉の際に絶対的な不利益を受けることを意味するからです。

そこで、徳川家康は、築山殿・竹千代らを取り戻す策を練りつつ、三河国の支配回復に取り掛かります。

清洲同盟(1562年3月)

ここで、徳川家康は、思い切った政策をとります。

松平家にとっての永年の旧敵である織田家と接近したのです。

敵(今川)の敵(織田)は味方という作戦です。

そして、徳川家康は、1561年、嫡男・竹千代(岡崎信康)と織田信長の娘・徳姫(五徳)との婚約が成立させ、1562年3月、徳川家康は織田信長と清洲同盟を結びます。

これは、実質的には、徳川家康が、今川家から独立することを宣言することを宣言する者であり、離反を突き付けられた今川氏真は当然に激怒します。

怒った今川氏真は、駿府にいた築山殿らを軟禁状態にし、築山殿の父の関口親永も内通の疑いありとしてて切腹させます。

築山殿らが岡崎に戻る

もっとも、徳川家康は、さらに三河国の統一を目指し、統一戦を続けます。

そして、今川家の勢いが低下していくのに比例して徳川家康(松平家)ご徐々に勢力を伸ばして行くのを見たため、三河国内でも、今川方を離れて松平方に転向する勢力が出始めます。

勢いに乗る徳川家康は、永禄5年(1562年)、東三河国・上ノ郷城を攻略し、城主・鵜殿長照らを殺害し、その子である鵜殿氏長・鵜殿氏次兄弟を捕縛します。

鵜殿氏が、今川家の一門衆であったため鵜殿氏長・鵜殿氏次を捨て置かないと判断した徳川家康は、今川氏真に対し、鵜殿兄弟と築山殿らとの人質交換を持ちかけます。

今川氏真が、この人質交換に応じたため、築山殿・竹千代・亀姫が徳川家康の下(岡崎)に移ることが許されます。

築山殿の岡崎での生活

岡崎に移った築山殿ですが、正室が織田家と敵対する今川家一族の娘では都合が悪かったという徳川家康の判断により、岡崎城に入ることはおろか、夫・徳川家康とは面談すら許されませんでした。

そのため、築山殿は、岡崎城下の惣持尼寺の西側に屋敷を与えられての幽閉同然の生活を強いられました。なお、築山殿の名は、このときの屋敷の地が惣持尼寺の築山領であったことにちなみます。

また、監視のために築山殿の侍女の多くも徳川家の女性に変えられます。

そして、築山殿は、このときに、実質上徳川家康の正室の座から下ろされます(家忠日記において、築山殿を示す敬称が正室を表す「御前さま」ではなく「信康御母さま」であるとされており、築山殿はこのときに徳川家康から離縁されたと考えられます。)。

松平信康と徳姫の結婚(1567年)

築山殿は岡崎城への入城は認められませんでしたが、嫡男である竹千代は岡崎城で生活をしています。

なお、永禄9年(1566年)ころ、徳川姓に改姓します。

永禄10年(1567年)8月に、同盟相手の織田信長が美濃国を攻略すると、織田信長の勢いは天下を望むほどに強大化していきます。

他方、徳川家(永禄9年・1566年に松平姓から徳川姓に改姓しています。)、いまだ今川家と武田家の脅威に直接さらされる難しい立ち位置にいたのです。

そこで、徳川家康は、さらに織田家との結びつきを強め、その威光を利用するため、織田家との同盟の証として、永禄10年(1567年)、嫡男・竹千代を9歳にして織田信長の長女・徳姫と結婚させます。

岡崎城に入る(1570年)

元亀元年(1570年)、徳川家康が、今川氏真を破って遠江国を得たことにより、松平家の本拠を岡崎城から浜松城に移します。

もっとも、築山殿は、浜松城へ移る夫・徳川家康への同行は許されませんでした。

このとき、徳川家康は、嫡男・竹千代を元服させ、「信」長と家「康」から1字ずつ取って、信康と名乗らせ、元々の本拠である岡崎城を与えます。

松平信康は、徳川家康が去ったことにより、ようやく城主の生母として築山殿の岡崎城への入城することとなります。

 

築山殿と徳姫との確執 

松平信康が側室を迎える

築山殿は、元亀元年(1570年)より、岡崎城において松平信康・徳姫と共に生活を始めます。

この後しばらくは松平信康と徳姫の関係は良好で、2人の間に、天正4年(1576年)に登久姫、天正5年(1577年)に熊姫が生まれています。

もっとも、築山殿は、徳姫が出産するのが女児ばかりで、男児が生まれないことを心配し、元武田家の家臣で後に徳川家の家臣となった浅原昌時の娘や、日向時昌の娘などほ部屋子をしていた女性達を、松平信康の側室に迎えさせます。

家を想う母心です。

ところが、この行為が築山殿と徳姫との関係を悪化させます。

徳姫からしたら、自分が男児を産めない女として扱われたように感じたからです。

これにより築山殿と徳姫との関係がこじれて行くのですが、それに伴って、徳姫と松平信康の関係も次第に悪化していきます。

2人の確執は深刻で、徳川家康や織田信長までもがその仲裁のために岡崎城へやってきていたなどとも言われています。

十二ヶ条の訴状(1579年)

築山殿と徳姫との関係悪化は修復不可能なレベルに達し、遂に、徳姫が行動に出ます。

徳姫は、天正7年(1579年)、父親である織田信長に対し、1通の訴状を送ったのです。

この訴状には、松平信康が武田家と内通していたなど、12か条にも亘るものでした。

この訴状を受け取った織田信長は、直ちにそのとき安土城に滞在していた徳川家重臣・酒井忠次を呼び寄せ問い質します。

ここで、酒井忠次は、難しい選択を強いられます。

織田信長の質問を肯定すれば徳川家の嫡子が謀反を企てていることを認めることとなる一方で、これを否定すれば織田信長に対して織田信長の娘が嘘をついていると指摘することになるからです。

困った酒井忠次は、何も答えることはできませんでした(事実と認めたとも言われています。)。

酒井忠次の態度を見た織田信長は、徳姫の訴え(松平信康が武田と通じていること)を真実と看做し、酒井忠次に徳川家康に対して松平信康を切腹させよと伝えるよう命じます。

酒井忠次から、織田信長から松平信康殺害の命を受けたことを聞いた徳川家康は、悩みに悩みますが、形式上は同盟関係にあったとはいえ、実質的には織田家の属国扱いとなっていた徳川家では織田信長の命に背くことはできません。そんなことをすれば、織田信長に徳川家取り潰しの口実を与えてしまうからです。

そこで、徳川家康は、苦渋の決断の上、やむなく松平信康殺害を決意します。

そして、徳川家康は、天正7年(1579年)8月3日、浜松城から岡崎城に赴き、翌日同年8月4日に松平信康を大浜城へ移します。

その上で、岡崎にいた松平信康麾下の武将達に事の顛末を伝え、反乱などが起きないように抑え込みます(なお、岡崎城では、その後の同年8月12日に松平康忠と榊原康政によって戒厳令が敷かれています。)。

そして、松平信康を、大浜城、堀江城と移した後、同年8月10日に二俣城へ幽閉します。

 

築山殿暗殺

松平信康の助命嘆願のため浜松城に向かう

わが子・松平信康切腹の流れが着々と進んでいることを知った築山殿は、松平信康の助命嘆願のため、自身が暮らす岡崎城から徳川家康が暮らす浜松城に向かい、東海道を東へと進んでいきます(徳川家康の命により築山殿の処分を命じられた野中重政が岡崎城へ迎えに行ったとも言われていますが、詳細は不明です。)。

築山殿暗殺(1579年8月29日)

ところが、天正7年(1579年)8月29日、築山殿は、遠江国敷知郡の佐鳴湖に近い小藪村(現在の浜松市中区富塚町、ここで築山殿が殺害されたため御前谷と名付けられたとされています。)に到達した際、徳川家康の命を受けて同行していた野中重政、岡本時仲、石川義房によって自害を迫られます。

もっとも、築山殿は、自害の申し出を拒んだため、野中重仲により殺害されました。享年39歳でした。

築山殿の墓所

石川義房が検使役を務め、築山殿の首は安土城の信長の元に届けられます(築山殿の遺骸は浜松・西来院に葬られます。)。

そして、織田信長により築山殿の首実検が行われた後、その首は岡崎に返されて埋められ、翌天正10年(1580年)、首級を埋めた場所に築山神明宮が建立され、弔われます。

松平信康切腹(1579年9月15日)

また、松平信康の、天正9年(1579年)9月15日、服部正成の介錯の下、二俣城において切腹して果てます。享年21歳でした。

なお、徳姫は、娘らを徳川家に残して、織田信長を頼って岡崎城を出ており、その後長女の登久姫は小笠原秀政の、次女の熊姫は本多忠政の正室になっています。

 

余談

以上が、これまで言われてきた築山殿の生涯ですが、実はその真偽はわかっていません。

なぜなら、徳姫が書いたとされる十二ヶ条の訴状は現存しておらず、後の天下人・徳川家康の嫡男切腹という一大事件に関連する重大な手紙であるにもかかわらず、手紙自体の内容自体が、江戸時代に書かれた「改正三河後風土記」にのみ記された内容に過ぎないからです。

また、改正三河後風土記に書かれた記載内容も問題点も多く、真実と特定するには疑問が多すぎます。

そのため、現在では、実は徳川家康自らが築山殿・松平信康を殺害したのですが、後に天下人・東照大権現として神格化していった徳川家康が、妻殺し・嫡男殺しの汚名を着ることがないよう、後世に、織田信長に命じられてやむなく築山殿・松平信康を殺したとする歴史が作り上げられたと考えるのが通説化しているようです。

真実はわかりませんが、色々と考えてみるのも面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です