【姉川の戦い】織田信長が浅井・朝倉連合軍を破り岐阜と京の導線を確保した戦い

織田・徳川連合軍と浅井・朝倉連合軍とが因縁の対決をした姉川の戦い。

正面衝突だったのか奇襲だったのか、はたまた大戦だったのか小競り合いだったのかなど、戦いの内容についてついては諸説ありますが、いずれにせよ織田信長が再び南近江の支配権に加え岐阜・京都の進軍ルートの確保と琵琶湖水運を得た戦であったことは間違いないようです。

本稿では、いわゆる旧来の定説を基に、姉川の戦いの経緯について見ていきたいと思います。

姉川の戦いに至る経緯

織田信長の上洛

永禄8年(1565年)に尾張国を平定し、永禄10年(1567年)に西美濃・中美濃を平定した織田信長は、同年9月頃、上洛ルートを確保するために北近江を治める浅井長政に妹お市を嫁がせて同盟を結びます。

そして、永禄11年(1568年)9月7日、織田信長は、足利義昭のお供という名目で、足利義昭を奉じて岐阜を出発して上洛作戦を開始し、途中、同年9月12日~9月13日の観音寺城の戦い(箕作城の戦い)で南近江を治める六角義賢・義治父子を撃破して上洛を果たします。

その後、織田信長は、同年9月28日の勝竜寺城の戦いをはじめとする諸戦により三好三人衆を阿波国に追い払い、同年10月22日に足利義昭を室町幕府第15代将軍に就任させ、その後瞬く間に畿内を制圧します。

金ヶ崎の退き口

畿内を制圧した織田信長は、自分の地盤を固めていくため、征夷大将軍・足利義昭の名を使って周囲の大名に上洛を促していきます。

各大名に対する、織田信長への事実上の臣従圧力です。

当然各大名は反発します。

名門大名が、尾張の田舎侍に過ぎない織田信長の要請になど従えません。

特に、強大な経済力・軍事力をもって11代(戦国5代)に亘って越前を治める越前朝倉氏当主朝倉義景は、完全無視を決め込みます。

無視された織田信長は激怒し、元亀元年(1570年)4月、朝倉討伐のため、越前国一乗谷へ侵攻します。

ところが、ここで織田信長に人生最大の危機が訪れます。

越前侵攻中に、北近江を治める浅井氏当主で、義弟でもある浅井長政の裏切りにあったのです。

越前にいた織田軍は、退路を断たれて大混乱となり、池田勝正・明智光秀・木下秀吉を殿に残して、織田信長が命からがら京都に撤退するという大敗を喫します(金ヶ崎の退き口)。

織田信長岐阜へ退去

金ヶ崎から京都にたどり着いた織田信長は、その後体勢を立て直すため、岐阜に戻るのですが、浅井長政が敵に回っているため最短ルートを選べません。

そこで、織田信長は、千草峠越えルートを選ぶのですが、元亀元年(1570年)5月19日、その途中で六角義賢が手配した杉谷善住坊に至近距離から2発狙撃されるという事件に遭います(幸いにもかすり傷で済んだようです。)。

命からがら岐阜に戻った織田信長は、体勢の立て直し、宇佐山城に森可成、永原城に佐久間信盛、長光寺城に柴田勝家、旧安土城に中川重政を配置して守りを固め、煮え湯を飲まされた浅井長政・朝倉義景に対する反撃準備を開始します。

野洲河原の戦い

そんな中、観音寺城の戦いで織田信長に追われ伊賀に逃げていた六角義賢・義治父子が、金ヶ崎の戦いで織田信長敗北の報を聞き、織田信長を追撃する浅井長政・朝倉義景連合軍とで織田信長を挟撃(六角軍が南側から、浅井・朝倉連合軍が北側から)するため、兵を挙げ、甲賀武士達と糾合し北進して織田方への攻撃を試みます。

もっとも、元亀元年(1570年)6月4日、六角軍は、織田方の柴田勝家、佐久間信盛らが率いる軍と野洲河原で衝突・交戦した結果、三雲定持父子・高野瀬・水原・伊賀・甲賀衆780人が討ち取られるなどして、六角義賢・義治父子は退けられています。

挟撃を期待した六角勢が早々に壊滅したため、浅井・朝倉連合軍は、北側からのみの攻撃のため南近江で織田信長を待ち受けることとなりました。

姉川の戦い

織田軍を待つ間に、浅井・朝倉軍は、美濃の垂井・赤坂周辺を放火するとともに、国境に位置する長比・苅安尾といった城砦に修築を施して兵を入れて備えています。

その上で、朝倉軍は、同年6月15日に一旦越前へ帰陣しています。

ところが、これとほぼ同時期に、浅井長政の治める南近江国の最前線に位置する鎌刃城の堀秀村と、長比城の樋口直房とが相次いで織田信長の調略により離反します。

鎌刃城と長比城を得たことで、小谷城攻撃の途を得た織田信長は、同年6月19日、小谷城を攻略すべく岐阜を出立しその日のうちに長比城に入りました。

織田信長の動きを見た浅井長政は、鎌刃城と長比城を失ったことにより最前線となった横山城に3000人の兵を入れてこれに備えます。

同年6月21日、織田信長は、浅井長政を釣り出すために一旦は横山城を包囲してこれを攻め立てますが浅井長政がこれに乗ってこないことを確認すると、包囲の兵を残して横山城を無視して小谷城に向かって進軍します。

そして、織田信長は、小谷城のすぐ南側に虎御前山に布陣し、浅井長政を誘い出すために森可成、坂井政尚、斎藤利治、柴田勝家、佐久間信盛、蜂屋頼隆、木下秀吉、丹羽長秀らに命じて、小谷城の城下町を広範囲に渡って焼き払います。なお、このとき六角軍を蹴散らした別動隊も織田信長本軍に合流しています。

もっとも、織田信長の挑発に対しても浅井長政は沈黙を続け、浅井長政が小谷城から討って出ることはありませんでした。

そこで、織田信長は、浅井長政との野戦を諦め、同年6月22日、一旦陣を下げ、横山城近くの竜ヶ鼻へ移動することとしました。なお、このとき後退する織田信長に対して、小谷城から浅井長政軍が追撃戦を仕掛けますが、織田信長軍の殿である佐々成政により退けられています。

同年6月24日、竜ヶ鼻まで陣を下げた織田信長は、1万8000人の兵で再度横山城への攻撃を開始します。

そして、このとき織田信長の友軍である徳川家康も5000人の兵を率いて参戦しています。

なお、このとき、横山城から、小谷城の浅井長政へ後詰めの要請がなされていますが、単独では大きく兵力が劣る浅井長政としては、横山城への後詰めに回す兵を工面出来ませんでした。

もっとも、同年6月26日、浅井方に朝倉景健率いる8000人の援軍が到着し、朝倉軍は小谷城の東にある大依山に布陣します。

このとき、浅井長政軍5000人に朝倉景健軍8000人が加わり計1万3000人の陣営となった浅井・朝倉連合軍は、織田・徳川軍に対峙する兵力が整ったと判断し、同年6月27日、横山城への後詰めに向かうため、小谷城から南下を始めます。

浅井・朝倉軍が南下してきたことを察知した織田信長は、横山城を囲んでいる兵を引き上げさせて姉川の南側に展開させ(西側に徳川家康軍、東側に織田信長軍の配置)、南下してくる浅井・朝倉軍を迎え討つこととしました。

織田信長軍の展開を見た浅井・朝倉軍も、姉川の北側に(浅井長政軍は野村に、朝倉景健軍は三田村に)布陣します。

そして、夜が明けた、元亀元年(1570年)6月28日午前6時頃、運命の戦闘が始まります。

まず西側の三田村に布陣した朝倉軍が南下し、徳川軍に襲いかかり、姉川で乱戦となります。

続けて、東側の浅井軍も南下して織田軍に攻めかかります。

そして、このとき、次々に姉川を渡って押し寄せる磯野員昌を始めとする浅井軍に対して、柴田勝家・木下秀吉などの名だたる織田方の陣が次々と突破され、浅井軍が織田信長本陣に迫ります。なお、このときの磯野員昌の織田本陣に迫る猛攻は、「員昌の姉川十一段崩し」という逸話として残っています(浅井三代記)。

また、このとき、同様に朝倉軍も徳川家康本陣に迫る状況でした。

朝倉軍に圧倒的な兵数で攻め込んでこられた徳川軍は混乱するのですが、この混乱を鎮め、かつ士気を鼓舞するため、猛将・本多忠勝が、敢えて攻め寄せてくる朝倉軍に単騎で突撃します。

朝倉軍に突撃した本多忠勝は、朝倉軍の客将で越前の千代鶴国安作と云われる長さ五尺三寸(175cm)もの大太刀「太郎太刀」を振り回す怪力で知られた真柄直隆と一騎討ちとなりますが、この一騎討ちの間に朝倉軍が退去したために勝負はつかずに終わります。

そして、このとき南に向かって侵攻する朝倉軍の陣形が伸びきっていると見た徳川家康は、配下の榊原康政に命じて別働隊として姉川を迂回させ、侵攻してくる朝倉軍の西側(朝倉軍の右側)側面を攻撃させることとしました。

予想していなかった側面攻撃を受けた朝倉軍は動揺し、混乱します。

そして、次第に劣勢となった朝倉軍は、徳川軍の攻撃を支えきれなくなり撤退を始めます。

なお、撤退する朝倉軍では、本多忠勝との一騎討ち後の真柄直隆が殿を買って出て本軍の退却時間を稼いだ後、討ち死にしています。

朝倉軍の撤退に伴い、一方的に押されていた織田軍も息を吹き返します。

織田軍の劣勢を見た、横山城包囲部隊であった丹羽長秀・氏家卜全・安藤守就等が、救援に駆けつけて浅井軍に東側から襲いかかり、また朝倉軍が後退したことにより自由となった稲葉一鉄が西側から浅井軍に攻撃をしかけます。

三方から攻撃を受けた上、さらに朝倉軍を退けた徳川家康が後方(北側)に回り込もうとする動きをしたことにより、浅井軍は総崩れとなり、小谷城に向けて撤退します。

なお、総崩れとなって大敗が濃厚となった浅井軍において、遠藤直経が一計を案じて織田信長暗殺を試みます。

遠藤直経は、織田方の武将になりすまして味方武将である三田村左衛門の首級を掲げて織田方の陣に入りこみんだのですが、織田信長まで数十mに迫ったところで竹中重治の弟・竹中久作(重矩)またはその後見として参加していた不破矢足に見抜かれて捕らえられ斬首されています。

織田信長は、後退する浅井軍を追いかけて、小谷城から50町ほどの距離まで追撃してふもとの家々に放火したものの、そのまま小谷城を攻略することまでは困難であると考え、横山城下へ後退し、姉川の戦いは終わります。

そして、小谷城の攻撃を諦めた織田軍は、そのまま南下して横山城の包囲攻撃を続けて横山城を降伏させます。

この後、南側で孤立した佐和山城の磯野員昌が織田方に降伏したことにより、織田信長は岐阜と京の導線を確保するという目的を達成します。

そして、織田信長は、木下秀吉を城番として横山城に入れ、南近江の支配権を確立することになりました。

姉川の戦いについての他の説

以上は、旧来からの定説ですが、江戸時代に徳川の活躍を必要以上に吹聴するためのものとも言われ、その信用性については疑問も呈されています。

近年では、姉川の戦いは、横山城包囲中の織田軍本陣を浅井軍門が奇襲したものであり、徳川軍もそれほどの活躍をみせていないとする説も有力となっているそうです。信長公記にも、この説に整合する記載もあります。

また、両軍合わせて3万人を超える大戦であったにもかかわらず損害がそれほど大きくなく、大戦直後から新たな戦を繰り返していることから見ても、浅井・朝倉軍の大敗であったとするには疑問も感じます。

私は、学者ではありませんので、真偽はわかりませんが、従来の通説や、別の説など、色々考えながら歴史に思いを馳せることができる興味深さがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です