織田信長による美濃国平定戦(斎藤家討伐戦)

織田信長は、尾張国を統一後、永禄3年(1560年)から美濃侵攻を開始しますが、美濃国を平定するのに足掛け7年間も費やしています。

織田信長のその後の快進撃と比べると、美濃平定には相当手こずったことが見てとれます。

以下、織田信長が苦労した美濃平定戦について、時間の経過を追いながら見ていきましょう。

美濃の3地域

美濃国は、大きく分けると、①斎藤龍興の居城である稲葉山城がある西美濃(西濃)、②小高い山に囲まれた加茂野という盆地である中美濃(中濃)、③中美濃と山で遮られた東側にある信濃に接する東美濃(東濃)の3つに分かれていました。

西美濃(西濃)は、木曽川や長良川といった大きな川で守られた天然の要害に稲葉山城を置いている上、これと西側の大垣城を拠点とする西美濃三人衆(氏家卜全、稲葉一鉄、安藤守就)との相互ネットワークで防衛力が強化されている地域でした。

中美濃(中濃)は、木曽川支流の地で、先代の土岐氏のころから続く小豪族たちが治めている地域でした。

失敗に終わった西美濃平定戦(1560年~)

美濃侵攻に至る経緯

元々は、織田信長が美濃のマムシ、斎藤道三の娘の帰蝶(濃姫)を正室に迎え、また織田信長は斎藤道三から美濃を譲るという遺言書を貰うほど、織田家・斎藤家には深い同盟関係がありました。

ところが、弘治2年(1556年)4月に、長良川の戦いで斎藤道三が息子の斎藤義龍に討ち取られると、織田家と斎藤家との仲が険悪になります。

その結果、永禄3年(1560年)に桶狭間の戦いで今川義元を討ち、また三河の松平元康と同盟を結んで東の守りを得た織田信長は、次の攻略目標を、斎藤道三が自分に譲ると約した美濃に定め、美濃攻めを開始します。

攻略対象は,斎藤義龍率いる斎藤家居城稲葉山城です。

西美濃侵攻(1560年6月)

桶狭間の戦いの僅か10日後である永禄3年(1560年)6月2日、織田信長は、尾張中嶋郡から木曽川を超えて西美濃に侵攻します。

いきなり美濃の中心を攻略するとの作戦です。

ところが、北上を続ける織田信長軍に対し、西側にある大垣城の氏家卜全・曽根城の稲葉一鉄・美濃北方城の安藤守就た西美濃三人衆の援軍が駆け付けて横撃したため、横っ腹を突かれた織田信長軍は大敗を喫し、尾張に撤退します。

西美濃侵攻(1560年8月)

織田信長は、続けて永禄3年(1560年)8月にも、再び西美濃への侵攻を試みますが、このときは侵攻を予想をしていた美濃兵が大軍で待ち構えていたため、ほとんど戦わずして撤退をしています。

織田信長は、この2度の戦いで、斎藤義龍手強しを思い知らされます。

斎藤義龍死去によるビッグチャンス到来(1561年6月)

しかし、ここで織田信長に思わぬ幸運が訪れます。

永禄4年(1561年)6月23日、手強かった斎藤義龍が35歳の若さで急死したのです。

後を継いだのは、斎藤義龍の子斎藤龍興でした。

斎藤龍興は若い上、凡庸な人物でもあったため、一気に再度西美濃侵攻によって斎藤家の本拠地稲葉山城を落とす好機が降ってきました。

美濃を狙う織田信長には願ってもないビッグチャンスが到来したのです。

西美濃侵攻作戦中止(1562年)

ところが、美濃侵攻準備を整える織田信長に、今度は悪いニュースが飛び込んできます。

1562年(永禄5年)、織田信長の従兄弟である犬山城主織田信清が、領地分配を巡って織田信長と諍いを起こし、斎藤龍興に寝返ったのです。

犬山城は、尾張国最北端にあり、木曽川を挟んで北側の美濃国中美濃と接する場所にあります。犬山城は,織田家の対中美濃最重要拠点でした。

犬山城が斎藤龍興に渡ったということは、織田信長が西美濃侵攻に侵攻すると,その際に手薄となる尾張を中美濃から狙われることとなります。

そのため、犬山城の喪失により、このときの織田信長の西美濃平定戦は失敗に終わります

しかし、こんなことで織田信長はへこたれません。

犬山城を失った織田信長は、直ちに作戦を変更します。

具体的には、寝返りによって失った犬山城を取り戻し、そのまま北上して中美濃に侵攻してこれを奪うことにより、美濃を西と東とに分断して後詰封じ、その上で孤立した西美濃の稲葉山城を攻略するとの作戦です。

この作戦は、西美濃に直接侵攻するより美濃平定に時間はかかりますが、より可能性の高い作戦といえます。

本拠地移転(1563年)

美濃攻めについて、西美濃直接攻略作戦から、中美濃経由での攻略作戦に変更した織田信長は、早速中美濃攻略準備に取り掛かります。

その手始めとして、永禄6年(1563年)、織田家の本拠地を清洲城から中美濃攻略に都合のいい場所である小牧山に城を築いて移転します。

なお、中美濃平定のために急遽作られた城ですので、仮設的なものと思いきや、近年の調査では三重の石垣もある本格的な城であった様です(そのため、後の小牧長久手の戦いの際には、徳川家康の陣城ともなっています。)。

中美濃平定戦(1564年~)

竹中半兵衛の稲葉山城乗っ取りと明渡交渉(1564年2月)

準備を整え、いよいよ美濃に入ろうとした永禄7年(1564年)2月6日、斎藤龍興の家臣である竹中半兵衛重治と安藤守就が造反し、斎藤龍興から稲葉山城乗っ取るという事件がおきます。

この話を聞いた織田信長は、戦わずに美濃を手に入れることが出来る可能性を考え、同年3月、竹中半兵衛に対し、美濃半国を与えるとの条件を示して稲葉山城の明け渡すよう交渉を持ちかけますが、竹中半兵衛はこれを拒否します。

犬山城奪還(1565年2月)

交渉による稲葉山城取得に失敗した織田信長は、いよいよ本格的な中濃からの美濃侵攻作戦を開始します。

まず、最初は、犬山城です。

手始めに犬山城の支城を次々攻略した後、永禄7年(1564年8月、犬山城の攻略を開始し、永禄8年(1565年)2月22日に落城します。

鵜沼城・烏峰城・猿啄城の攻略

犬山城を取り戻した織田信長軍は、長良川を越えて、美濃に入り、伊木山の地に砦を築き、本隊を入れます。

そして、織田方は、鵜沼城・烏峰城・猿啄城への同時侵攻を開始しました。

その後、鵜沼城は、城主大沢次郎左衛門(大沢二郎左衛門)が、木下藤吉郎の説得を受け入れ開城します。

次に、烏峰城(後の金山城)も、織田方の軍勢を見て開城します。

さらに、激戦の末、猿啄城(丹羽長秀の先方・河尻秀隆がその功績から城主に任命され、この勝利を祝って勝山城に改めた。)も織田方に落ちました。

中濃三城盟約の崩壊と中美濃平定(1565年7月)

前記の城を獲得した織田方は、中美濃の加茂野と呼ばれる盆地への足掛かりを獲得し、さらに北上を続けます。

この織田軍の侵攻に対し、加茂野に城を構える、関城主長井道利・堂洞城主岸信周・加治田城(却敵城)佐藤忠能において、中濃三城において同盟(中濃三城盟約)を結び対抗を狙いました。

ところが、永禄8年(1565年)7月10日、加治田城主佐藤忠能・忠康父子と加治田軍(加治田衆)が織田信長の調略に呼応して寝返ります。

織田信長は、続いて、堂洞城岸信周(岸一族)の調略を試みますが、これは失敗に終わり、織田信長本隊は兵を北へ進め、岸信周が守る堂洞城を包囲します。

堂洞城の危機に援軍が試みられますが、関城の長井道利は織田軍の活発な動きにより軍が堂洞城へ達せず、また稲葉山城の斎藤龍興の援軍も待ち合わなかったため、堂洞城はあえなく陥落し、岸信周は18度も敵兵を追い返した後、本丸に引き奥方と共に自刃しただと言われています。なお、このとき、堂洞城は焼き払われています。

その後、織田信長率いる織田軍は、一旦犬山城へ帰還する予定であったのですが、その帰還途中、長井道利率いる関城軍と到着した斎藤龍興率いる本隊三千人以上に攻撃され、織田軍はあえなく退却し、その退去を見届けた斎藤龍興本陣も岐阜城へ戻ります。

その後、長井道利が織田方に下った加治田城へ攻め寄せるもこれを押し返し、逆に加治田軍と織田軍とで関城を攻め、斎藤龍興が来る前にこれを攻略しています。

織田信長は、これらの一連の勝利の結果、中美濃地方を完全に平定し、その支配下に置きました。

その結果、織田信長は、美濃国の中央部を攻め取り、美濃勢力を西と東に分断させることに成功します。

西美濃・稲葉山城攻略(1567年8月)

西美濃三人衆の調略

織田信長の中美濃攻略により、東美濃からの助けがなくなったため、斎藤氏の勢力は西美濃で孤立することとなりました。

ここで、さらに織田信長がプロパガンダを行い、永禄10年(1567年)、西美濃三人衆(稲葉一鉄・安藤守就・氏家卜全)までもが織田信長に内通します。

これにより、稲葉山城は、東からの援軍のみならず、西からの援軍もなくなります。

稲葉山城の戦い(1567年8月)

永禄10年(1567年)8月1日、西美濃三人衆の内通を確認した織田信長は、稲葉山城攻めの総決算として、軍を瑞龍寺山に登らせると同時に、城下の井ノ口の街を焼き払います。

その上で、その翌日、稲葉山城の四方に鹿垣(ししがき)を築いて稲葉山城を完全に包囲します。

斉藤龍興は、包囲する織田信長軍に対して一旦は籠城の構えを見せたものの、中美濃を失い、また西美濃三人衆までもが敵に回ったことを知った斎藤方の士気が低下して籠城戦を維持出来なかったため、同年8月15日に降伏し、斎藤龍興が長良川沿いに北伊勢・長島へ逃れて稲葉山城の戦いは終わります。

西美濃攻略後の快進撃と残った東美濃について

以上のとおり中美濃に続いて西美濃を平定し、織田信長の美濃平定戦は終わります。

稲葉山城を攻略し西美濃を平定した織田信長は、周の文王の故事にちなみ,稲葉山城を岐阜城に、城下町井ノ口を岐阜にそれぞれ名を改め、ここを本拠として本格的に天下統一に乗り出します。

なお、残った東美濃(東濃)については、この後、織田信長と武田信玄・武田勝頼との間で熾烈な争奪戦が始まるのですが、長くなるので、本稿での紹介は割愛します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です