【徳川家康の改名・改姓の歴史】

戦国武将の中で最も成功した人物と言えば徳川家康。

余りにも有名な武将・徳川家康ですが、その生涯において何度も名を変えていることをご存知ですか。

「徳川家康」というのは、元服後4つ目の名です。

以下、徳川家康の改名・改姓の歴史を見ていきましょう。

幼名・竹千代と名付けられる(1542年12月26日)

徳川家康は、天文11年12月26日(1543年1月31日)、三河国の岡崎城主(今の愛知県岡崎市)松平広忠の嫡男として生まれ、幼名を「竹千代」と名付けられました。

「竹千代」の名は、父・松平広忠が称名寺で行われた連歌会で詠んだ歌(発句「神々の 長き浮き世を 守るかな」に対しする松平広忠の脇句「めぐりは広き 園の千代竹」)にちなんだとも言われています。

元服し松平元信を名乗る(1555年)

徳川家康(このとき7歳で幼名を竹千代といいましたが、本稿では便宜上徳川家康の名で統一します。)が、織田家の人質から人質交換を経て、天文18年(1549年)に駿河国の大大名であった今川家に送られることとなります。

そして、弘治元年(1555年)、今川家で人質生活を送っている中で14歳になった徳川家康は、元服し、今川義元から偏諱を受けて、「松平元信」と名乗ります。

なお、徳川家康が与えられた諱は「元」のみであったため、「信」の字は徳川家康自ら選んでこれらを組み合わせ、「元信」にしています。

松平元康に改名する(1557年)

その後、徳川家康は、弘治3年(1557年)年、今川義元の勧めによって、今川一族の武将関口親永の娘(義元の姪)を妻に迎えます。

後に築山殿と呼ばれる人で、このとき16歳であった徳川家康よりも10歳も年上でした。

徳川家康は、この結婚を機会に、「松平元康」に改名します。

改名の理由は不明ですが、この頃は、主家である今川家が西進して織田家を滅ぼそうとしている時期であり、そんな時期に織田家当主である織田信長と同じ「信」の字を使っていることが不都合だったのかもしれません。

なお、この改名に際しては、松平家の中興の祖であり徳川家康の祖父である松平清康の「康」をもらったとも言われていますが、正確な理由は不明です。

松平家康に改名する(1563年6月頃)

今川家から距離をとる(1560年5月)

今川方の配下の将として行動をしていた徳川家康ですが、永禄3年(1560年)5月に起こった桶狭間の戦いで状況が一変します。

今川義元が討ち取られた際、徳川家康は今川軍の先鋒として大高城にいたのですが、今川義元が討ち取られたどさくさに紛れて駿河国に戻ることなく、かつての松平家の本拠地であった三河国・岡崎城に入り、松平家(後の徳川家)を今川家から独立させる決断をします。

織田信長と同盟を結ぶ(1562年)

そして、今川家と距離をとる徳川家康は、永禄5年(1562年)、今川家と対立する尾張国・織田家と同盟を結びます。

そして、清洲同盟と呼ばれるこの同盟は、永禄6年(1563年)3月に、徳川家康の嫡子・竹千代(後の松平信康)が織田信長の娘である徳姫と婚約することによりさらに強化されます。

今川家から独立し改名する(1563年)

今川家と対立する織田信長の後ろ盾を得た徳川家康は、いよいよ今川家との決裂を決断します。

そして、徳川家康は、今川家との決裂の証として、今川義元からもらった「元」の字を捨てることとします。

そして、徳川家康は、永禄6年(1563年)6月から10月の間に、「元」を「家」に改め、「松平家康」に改名します。

なお、「家」の字を選んだ理由としては、源氏の祖とも言える源義家から一字をもらったとも、「書経」の中にある「家用平康」から取ったとも言われていますが、正確なところはわかりません。

徳川家康に改姓する(1566年12月29日)

独立大名としての歩みを始めた徳川家康は、三河一国を事実上平定するまでにその勢力を拡大します。

三河国全土に影響を及ぼすに至った徳川家康は、その証として朝廷に対して三河守任官の申請をします。

ところが、朝廷からは、松平家から国主となった前例がなく、素性の明らかでない徳川家康を国主に任命することなどできないとし、徳川家康の申請を却下します。

困った徳川家康は、自身の素性をかつて国主となったことがある人物に無理やりつなげるよう画策を始めます。

まず、松平家康は、三河国出身の京都誓願寺住持であった泰翁(たいおう)の仲介により公家・近衛前久(後の関白)に接近します。

そして、近衛前久の力により古い記録を繋ぎ合わせ、松平氏の祖とされる世良田義季が「得川」姓を名乗っていたこととし、この得川姓が源氏・新田氏系で「藤原」の姓を名乗ったことがあることとします。

そして、この内容を基に、松平家康の先祖は元々は源氏の家系であり、総領家は藤原氏になったとする真偽不明の系図を作成して朝廷に提出します。

その上で、徳川家康は、徳河郷にちなみ「徳川」姓に改姓(復姓?)することを朝廷に申し出て、一代のみとの条件の下で「徳川」姓を名乗ることが許されます。

この結果、永禄9年12月29日(1567年2月18日)、「徳川家康」と改名し、先祖に国主となった前例が出来上がったため、晴れて従五位下・三河守に任じられることとなったのです。

有名な「徳川」姓は、徳川家康が三河国の国主(三河守)になるために無理やりこじつけた名だったのです。

なお、本姓は源氏や藤原氏を称し、豊臣政権において豊臣氏を称したこともあったようですが、天正16年(1588年)以降に源氏を再び称しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です