【おつやの方(岩村御前)】織田と武田の間で翻弄された岩村城の女城主

戦国時代の女城主と言えば誰を思い浮かべますか。

2017年度に大河ドラマがあったことから井伊直虎を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。

もっとも、戦国女城主は他にもいます。

本稿で紹介するのはそんな戦国女城主の中の1人で、織田家と武田家の間で翻弄され無残な最期を迎えることとなった「おつやの方」(艶、岩村殿、修理夫人、お直の方、岩村御前ともいわれます)について見ていきましょう。

おつやの方の出自

おつやの方は、織田弾正忠家の当主織田信定(織田信長の祖父)の娘として生まれます。

織田信長の父である織田信秀の妹となるため、織田信長の叔母にあたります(もっとも、叔母と言っても、織田信長より4〜5歳程度年下であったと考えられています。)。

生年や幼いころの生活状況等はわかっていませんが、とても美しい女性であったそうです。

女城主おつやの方

東美濃・遠山景任に嫁ぐ(1562年ころ)

おつやの方は、若くして2度結婚しますが、相次いで夫を失いました。

子を生まなかった未亡人は、生家に戻されるというのが戦国の習わしであったため、夫が死ぬ度におつやの方は織田家に戻されました。織田家に戻ると次の政略結婚に使われます。

おつやの方は、永禄5年(1562年)ころ、美濃国斎藤家との争いが激化する織田家が美濃国・東部を取り込むため、政略結婚の手駒として、東美濃にある遠山荘の国衆であった岩村城主・遠山景任に3度目の花嫁として嫁ぎます。

おつやの方の3度目の嫁ぎ先である遠山景任の治める岩村城は、現在の岐阜県恵那市に位置する標高717mにある山城であり、高取城(奈良県高市郡高取町)、備中松山城(岡山県高梁市)と並んで「日本三大山城」に数えられます。

霧がかかることが多いため、霧ケ城とも言われます。この霧が攻城者の視界を奪う攻め難い城です。山城には珍しく、14もの井戸があったことも知られています。

この東美濃遠山荘と岩村城は、かなり微妙な立地に存在しています。具体的には、織田領の美濃と武田領の信濃との境に位置しており、その両方で熾烈な争奪戦が繰り広げられていた場所でした。

女城主となる(1572年8月14日)

元亀3年(1572年)8月14日、夫・遠山景任が跡取りを残すことなく病死したため、東美濃の取り込みを図った織田信長が、自身の五男の御坊丸(後の織田勝長)を遠山家の養嗣子として送り込みます。

ただ、このときはまだ御坊丸が幼かったため、おつやの方が仮に当主の座を引き継ぎ、岩村城の女城主となりました。

武田信玄の西上作戦(1572年10月)

1571年(元亀2年)、室町幕府15代将軍・足利義昭が全国の大名に対して織田信長討伐令を出し、周辺の大名が織田信長包囲網(第二次信長包囲網)を形成しました。

そして、このときの信長包囲網には、甲斐の虎・武田信玄も加わります。

武田信玄は、元亀3年(1572年)10月、織田信長を討つべく西に向かって出陣させます。

いわゆる西上作戦の開始です。

狙いは、織田信長の居城、岐阜城です。

甲斐・信濃・駿河の一部を領有する武田信玄が岐阜城を狙うためには、これらの国と美濃国(西美濃)との間にある遠江国・三河国・美濃国(東美濃・中美濃)が邪魔となります。

そこで、武田信玄は、これらの障害を排除すべく武田軍を3つに分けて、徳川方の遠江・奥三河、織田方の東美濃へ3方からの同時侵攻を開始します。

3万の兵で甲斐国から出陣した武田軍は、信濃国・高遠城を越えたところで、秋山虎繁・山県昌景に兵8000を与え、南西方向へ向かわせます。

その後、この軍が2手に分かれ、秋山虎繁率いる3000人が東美濃に侵攻し、岩村城を包囲します。

おつやの方が女城主となって僅か2ヶ月後の出来事です。

岩村城包囲戦

武田軍に包囲された岩村城では、おつや方が織田信長に後詰を要請します。

ところが、織田信長は信長包囲網に参加している近畿の各勢力との戦いで手一杯であったため、岩村城に後詰を送ることが出来ませんでした。

そのため岩村城の備えだけで武田軍に抗しきれず、元亀3年(1572年)11月初旬、おつやの方は、包囲する秋山虎繁の降伏勧告を受け入れて岩村城を開城します。

岩村城を得た武田信玄は、織田方を牽制して東美濃の安全を図るために下条信氏を送って岩村城を守らせ、また秋山虎繁を同城に留めます。

元亀4年(1573年)3月6日、武田信玄が秋山虎繁を岩村城城代とし、このときに秋山虎繁が女城主であったおつやの方を正室に迎えたとされています(もっとも、これは誤りであるとも指摘されています。)。

なお、このときに、遠山家を継ぐはずだった御坊丸は、用無しとなって武田家の本拠地である甲斐国に送られました。

おつやの方の最後(1575年11月21日)

岩村城が織田軍に降り、また三方ヶ原の戦いで徳川家康が大敗したことにより武田方から東方の安全を脅かされることとなった織田信長は、岩村城奪還の機会を狙います。

そして、天正3年(1575年)5月21日に発生した長篠・設楽原の戦いで織田軍が武田信玄亡き後の武田勝頼軍を破ると、同年6月、その勢いで織田信忠らが岩村城を包囲します。

このとき、武田勝頼は、後詰めを準備しますが、遠江方面作戦に忙殺されていたこと、大雪で進軍が進まなかったことなどから間に合わず、後詰到着前の天正3年(1575年)11月、岩村城は落城します。

織田信長は、秋山虎繁らを赦免すると誘い出し、礼に来た秋山虎繁を捕らえて長良川近くで磔刑にします。その理由は、長篠城の奥平信昌が徳川家康に寝返った際に武田勝頼が奥平信昌の妻を磔にしたことに対する報復であったとされています。

そして、このときに、おつやの方も捕らえられ、天正3年(1575年)11月21日、裏切ったことに対する制裁として長良川の河原で逆さ磔で処刑された(あるいは織田信長が自ら斬った)といわれています。

美しき女城主の悲しい最後です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です