足利尊氏の旗揚げと六波羅探題攻略

鎌倉幕府滅亡のきっかけとなった足利尊氏による六波羅探題攻略。

日本史の授業で名前は聞いたことがあると思いますが、結構マイナーに分野です。

本稿では、そもそも六波羅探題がなぜ設置され、どうやって滅んだのかについて見ていきます。

六波羅探題設置の経緯

鎌倉幕府による西国支配の実情

文治元年(1185年)11月、源頼朝は、自分に弓を引く源義経・源行家を追討するという名目の下(どこに逃げたかわからない源義経と源行家を探すという名目)で、後白河法皇から追討の院宣のみなならず、五畿・山陰・山陽・南海・西海諸国に源頼朝の御家人により選任された国地頭の設置・任命権を得ることの勅許を受けます(文治の勅許)。

地頭の職務内容は、土地管理と税徴収であり、その任命権を源頼朝が得るということは、その土地管理し徴税を担当する者を源頼朝に味方をする御家人がこれを独占することを意味し、御家人による地頭の配置により、源頼朝の支配力が、それまでの東国のみから、西国にあまねく及んでいくこととなったためです。

さらに、この地頭の中からその国の守護を兼任させ、大犯三カ条(大番催促、謀反人逮捕、殺害人逮捕)を担当させます。

この鎌倉幕府の有力御家人により選任された守護が、朝廷が選任した国司を駆逐していき、鎌倉幕府による支配が広がっていきます。

もっとも、鎌倉幕府が全国的な守護・地頭選任権を獲得しても、西国についてはその支配力は完全ではなく、西国には朝廷の支配力も残っていました(その意味で、西国は、鎌倉幕府と朝廷の二元政治の状態でした。)。

将軍継嗣問題から鎌倉幕府と朝廷が対立

建保7年(1219年)1月27日、鎌倉幕府3代将軍源実朝が2代将軍源頼家の子である公暁に暗殺されるという事件が起こります。

源実朝には子がなかったため、これにより鎌倉幕府の源氏将軍が断絶します。源実朝の急死により、鎌倉幕府の執務は、源頼朝正室である北条政子が代行し、執権であるその弟北条義時がこれを補佐して行うこととなりました。

そして、続く征夷大将軍を任命する必要に迫られ、北条義時らは、親王を将軍に向かえるよう朝廷と交渉をしますが失敗に終わります。そこで、北条義時らは、皇族将軍を諦めて、摂関家から将軍を迎えることとして、九条道家の子である三寅(後の九条頼経)を将軍に据えて、これを傀儡として執権による政治を行う執権体制を確立させます。

この将軍就任のゴタゴタの中で鎌倉幕府側と朝廷(後鳥羽上皇)側とでしこりが残ります。

また、鎌倉幕府が任命した地頭の台頭により、後鳥羽上皇の有する荘園群に年貢の未納が生じるようになり(年貢を地頭に支払い、上皇に支払わなくなったからです。)、経済的な理由が後鳥羽上皇と鎌倉幕府との反目を助長します。

そんな中、承久元年(1219年)7月13日、大内裏守護職にあった源頼茂が、後鳥羽上皇配下の西面武士により殺害される事件が起こります(後鳥羽上皇の関与は不明です。)。

これにより、朝廷と幕府の緊張は頂点に達して討幕の流説が流れるまでに至り、朝廷と幕府の対決は不可避の情勢となりました。

承久の乱(1221年5月)

そして、承久3年(1221年)5月14日、遂に後鳥羽上皇が「流鏑馬揃え」を口実として、配下の北面・西面の武士のみならず、近隣諸国の武士を集めて挙兵します。

このとき集まった武士は1700騎余りと言われ、近隣の守護の邸宅を襲撃していきます。

また、後鳥羽上皇は、あわせて鎌倉幕府の有力御家人に対して北条義時追討の院宣を発してさらに勢力を高めます。

上皇挙兵の報に鎌倉の武士達は動揺しますが、このときに北条政子が、涙ながらの大演説をして、御家人たちに対して鎌倉創設以来の頼朝の恩顧を訴え、讒言に基づいた理不尽な義時追討の綸旨を出してこの鎌倉を滅ぼそうとしている上皇方をいち早く討伐して、実朝の遺業を引き継いでゆくように命じたことで鎌倉武士団の心をつかみ、動揺は鎮めて一致団結して鎌倉武士団を後鳥羽上皇に対峙させます。

軍議の末、京への積極的な出撃を行うことに決まった鎌倉幕府では、同年5月22日、軍勢を東海道・東山道・北陸道の三つに分けて出発します。

急な出発であったため、鎌倉を出た当初は少ない軍勢でしたが、進軍する道中で兵力を増強し美濃へ到達する頃には19万騎にまで膨れ上がっていたと言われています(吾妻鏡)。

西進する鎌倉幕府軍に対し、後鳥羽上皇軍は1万7500騎と東進させ両軍は美濃国と尾張国との国境にある尾張川を挟んで布陣しますが、数に勝る鎌倉幕府軍は、後鳥羽上皇軍を駆逐して京へ進軍します。

その後、同年6月13日に再度後鳥羽上皇軍と鎌倉幕府軍とが宇治川で衝突しますが、ここでも後鳥羽上皇軍は駆逐され、同年6月14日夜には鎌倉幕府軍が京になだれ込みます。

その結果、後鳥羽上皇は、自身の挙兵は謀臣の企てであったとして北条義時追討の院宣を取り消し、逆に後鳥羽上皇に味方した藤原秀康、三浦胤義らの逮捕を命じる院宣を下します。

後鳥羽上皇に見捨てられた藤原秀康、三浦胤義、山田重忠ら京方の武士は東寺に立て篭もって抵抗するも敗れます、また同年7月には、後鳥羽上皇自身も隠岐島に、順徳上皇は佐渡島に流され、承久の乱と呼ばれた騒乱は終結します。

六波羅探題設置(1221年)

承久の乱を何とか鎮圧した鎌倉幕府は、承久の乱の戦後処理のため北条泰時と北条時房の2人を京に派遣し、朝廷の軍事力を支える存在であった京都周辺の軍事貴族や周辺武士を解体させます。

そして、鎌倉幕府としては、今後朝廷がその権威をかさにして挙兵する可能性を摘むため、御所近くに本拠を定め、鎌倉武士を常時駐屯させて朝廷の一挙手一投足を監視することとします。

このとき京にいた北条泰時と北条時房が、六波羅にあった旧平清盛邸跡地にを拠点にその北と南に駐留して、承久の乱の西国の御家人の監視と再編成および承久の乱の戦後処理を含めた朝廷の監視をはじめます。

これが六波羅探題の始まりです。

なお、これらの解体勢力を主たる供給源としていた検非違使や北面武士の担い手が失われたために京都の治安が急速に悪化することとなり、その対策として、六波羅探題は京の治安維持活動をも担うこととなり、以降、六波羅探題は京以西を監視する鎌倉幕府の一大軍事拠点となります。

六波羅探題滅亡に至る経緯

後醍醐天皇即位(1318年2月)

後醍醐天皇は、文保2年(1318年)2月26日、両統迭立に従って大覚寺統の立場から31歳で即位します。

後醍醐天皇は、天皇中心の政治形態であった延喜・天暦の治を理想としており、臣下に過ぎない鎌倉幕府(のそのまた臣下の執権)が実権を握っていることを憂いていました。

後醍醐天皇は、天皇の政治力を取り戻すために、関所を撤廃したりするなどの政治活動を始めますが、ことあるごとに鎌倉幕府が立ちはだかります。

正中の変(1324年10月)

後醍醐天皇は、自分の理想の障害となる鎌倉幕府を解体しようと考え、日野資朝や日野俊基などの側近を集めて討幕計画を練り、鎌倉幕府に反対する勢力を味方に引き入れようと画策します。

まず、日野俊基を山伏に変装させて畿内を回らせ、反幕府勢力を取り込んでいきます。

次に、京に残った日野資朝は、京にいる武士や貴族たちを反幕府活動に取り込む活動を行います。

さらに、後醍醐天皇は、自身の子である護良親王を天台座主に据え、比叡山をはじめとする仏教勢力の取り込みをします。

こうして、協力者を集めた後醍醐天皇は、北野天満宮の祭礼の日に反鎌倉幕府のための挙兵することとしました。

ところが、ここで問題が起きます。

後醍醐天皇の討幕計画が、朝廷を監視していた鎌倉幕府の出先機関である六波羅探題に露見したのです。

後醍醐天皇が討幕のために動いていると知った六波羅探題は、1324年10月7日、兵を集めて反鎌倉幕府軍の制圧に向かいます。

六波羅探題を出た幕府軍は、まず討幕派の多治見国長と土岐頼貞の屋敷を襲撃し両人を死に至らしめます。

次に、暗躍していた日野資朝・日野俊基も捕縛されて鎌倉に送られましたが、日野資朝は佐渡島へ流罪、日野俊基は無罪とされます。

そして、当の後醍醐天皇は不問に付され、最初の後醍醐天皇の討幕計画は失敗に終わります。

元弘の乱(1331年8月)

懲りない後醍醐天皇は、元弘元年(1331年)8月、再度の討幕計画を立てますが、これも鎌倉幕府に見つかります。

このときは、日野俊基は鎌倉に送られて斬首、日野資朝も斬首に処されます。

次は自分の番であると危険を感じた後醍醐天皇は、元弘元年(1331年)9月29日、三種の神器を持って天然の要害である笠置山へ籠り、そこで周辺の武士を募って討幕の兵を挙げます。

このときに、後醍醐天皇の下に集った武士の1人が有名な楠木正成です。

笠置山の戦い(1331年10月)

この後醍醐天皇の討幕計画に対し、鎌倉幕府側も黙っていません。

直ちに六波羅探題から兵を出陣させ、笠置山を包囲します。

もっとも、笠置山は天然の要害であり、六波羅探題から出た幕府軍は、なかなか笠置山を落とせません。

そこで、六波羅探題軍は、鎌倉に援軍を要請します。

これに応じて、鎌倉から援軍が出陣します。

このとき出陣したのが、後の室町幕府初代将軍となる足利尊氏です(このときは足利高氏と名乗っていましたが、ややこしいので足利尊氏で統一します。)。

このとき、足利尊氏の父である足利貞氏の死亡直後の時期であり、喪に服していた足利尊氏は出陣に難色を示したのですが、鎌倉幕府はそんな足利尊氏側の事情は無視したため、足利尊氏にわだかまりが生まれます。

それにもかかわらず、このときは足利尊氏は意味のないものに終わります。

なんと、足利尊氏が笠置山に向かっている途中で、笠置山を囲む六波羅探題軍の夜討ちが成功し笠置山が陥落し、後醍醐天皇が捕まってしまったからです。

赤坂城の戦いと足利尊氏の上洛(1回目)

笠置山が陥落したことで笠置山までやってきた鎌倉からの上洛軍はやることがなくなってしまいましたので、しかたなく楠木正成が籠る赤坂城(下赤坂城)の攻略に向かいます。

このように何となくで始まった赤坂城の戦いですが、ここで幕府軍は大苦戦をします。

楠木正成軍は、城から石や大木を投げたり、熱湯・人糞を浴びせたりなど、当時の武士には予想もできないような様々な戦術を駆使し、1カ月間に亘って鎌倉幕府軍を翻弄し続けます。

もっとも、赤坂城自体は大きな城でもなかったため備蓄も少なく、1カ月の籠城で兵糧が尽きたため、楠木正成は赤坂城に火を放って赤坂城を放棄します(なお、このときの楠木正成の退却は、鎌倉幕府方に楠木正成が死んだと誤認識させることに成功するというオマケ付きでした。)。

こうして赤坂城を脱出した楠木正成は、再度鎌倉幕府軍にリベンジするため、野に潜んで力を蓄え、反撃の機会を練ります。

他方、鎌倉幕府方に捕まった後醍醐天皇は、皇位を無理やり光厳天皇に譲位させられ、京から遠く離れた隠岐島に流されます。

もっとも、島流しごときでは後醍醐天皇は諦めません。

後醍醐天皇は、隠岐島でひたすら討幕の機会を待ち続けます。

また、畿内でも、野に潜んだ楠木正成や、護良親王が反幕府運動を続け、その勢いは日ごとに増していきました。

なお、このとき、楠木正成は赤坂城近くに千早城をはじめとする多くの砦や城を築き、鎌倉幕府に備えます。

また、このとき、吉野にいた護良親王も、吉野城を本拠として3000人を従えて、挙兵します。

千早城の戦い

楠木正成・護良親王らの動きを見て、鎌倉幕府は、これらを鎮圧するため、再度鎌倉から鎮圧軍を向かわせます。

このとき、反鎌倉幕府方は、周囲に築いた砦・城群に籠城して対抗します。

もっとも、兵数に劣る反鎌倉幕府方は劣勢となり徐々に城が落とされていきます。

このとき、最初に上赤坂城が陥落します。

城を落とした鎌倉幕府軍は、上赤坂城に籠った兵士を一人残らず斬首刑に処して六条河原に晒したため、以降各城に籠った楠木正成軍兵士は死ぬまで戦う道を選びます。

次に落ちたのは、護良親王がいる吉野城です。

鎌倉幕府軍が吉野城を取り囲んだのですが、このとき重傷を負っていた配下の村上義光が身代わりとなって切腹をした隙に、護良親王は高野山へと落ち延びます。なお、落ち延びた後も、護良親王は、鎌倉幕府討伐の令旨を発布し続けます。

周囲の城を落とした鎌倉幕府軍は、全軍をもって残る楠木正成が籠る千早城を取り囲みます。

太平記によると、このとき楠木軍1000騎に対し、鎌倉幕府軍200万騎であったとされていますが、さすがに嘘だと思います。ただ、そう言わしめるほどの兵力差があったのは間違いないのでしょう。

しかし、数に任せて力攻めを行う鎌倉幕府軍は、またもや楠木正成の知略を巡らした籠城戦に翻弄されてなかなか千早城を落とせません。

その後、鎌倉幕府軍は、水攻めや兵糧攻めを試みたり、崖に橋を架けて新たなルートからの攻略を試みも効果は上がらず、いたずらに時間が過ぎていきます。

寡兵の千早城に対して、多勢の鎌倉幕府軍が手こずっているとの情報は、全国各地に知れ渡り、どんどん鎌倉幕府の威光が低下していきます。

それと同時に、千早城を囲む軍の中からも、囲みを解いて自分の領地に帰り始める武士が出始めます(このとき、鎌倉を滅ぼしたことで有名な新田義貞も、仮病を理由として千早城から自国へ帰国しています。)。

こうなってしまうと、もはや千早城攻めを維持することができなくなります。

赤松則村の挙兵(1331年1月)

元弘3年(1331年)1月21日、播磨国の赤松則村(赤松円心)が、護良親王の令旨を受けて、鎌倉幕府打倒のために挙兵します。

挙兵した赤松則村は、播磨国から京に向けて東進していきます。

このとき、赤松則村に感化された山陽勢・別途蜂起した四国勢がいたため、鎌倉幕府は西国から防衛のための兵を募ることができませんでした。

後醍醐天皇の隠岐島脱出(1331年2月)

この千早城攻めの失態とそれに起因する鎌倉幕府の威光の低下を見た後醍醐天皇は、鎌倉幕府討幕のチャンスが到来したと判断し、千草忠顕の引率により、危険を冒して隠岐島を脱出します。

船で隠岐島を出た後、風に乗って南下した後醍醐天皇は、元弘3年(1331年)閏2月24日、現在の鳥取県にあった名和の港に到着します。なお、後醍醐天皇の御着船地点は東西2つの説があり、いずれが真実かは今となってはわかりません(西側の地点には、後醍醐天皇が着船時に腰を掛けて休んだとされる御腰掛の岩が残っていますので、どちらかというと西側の説が有名です。)。

名和の港に上陸した後醍醐天皇は、力を持つ周囲の武士を探します。

後醍醐天皇は、周辺で海運業を営んでいた名和長年を見つけて味方に引き入れ、150騎の名和軍と共に船上山に陣取り鎌倉幕府討伐の綸旨を発し、討幕準備を始めます。

このとき、隠岐島から、後醍醐天皇を追ってきた鎌倉幕府方の佐々木清高ら3000騎が追いつき、元弘3年(1333年)4月24日、船上山で戦いが始まりますが、兵数に劣る後醍醐天皇方が勝利するとの結果に終わります(船上山の戦い)。

隠岐島から脱出した後醍醐天皇に鎌倉幕府軍が敗北したとの情報は、たちまち全国に知れ渡ります。

そして、寡兵の千早城すら落とせない鎌倉幕府軍に見切りをつけ、新たな神輿となる後醍醐天皇を知った西国の武士たちは、次々と後醍醐天皇の下へはせ参じます。

そして、この後醍醐天皇の動きに西国武士が呼応し、西の後醍醐天皇軍と、東の鎌倉幕府軍との衝突が起き始め、止められない討幕のうねりが起こります。

足利尊氏の上洛(2回目)

討幕運動が始まる中,焦った鎌倉幕府は、またも足利尊氏を派遣してその鎮圧を試みます。

またもや鎌倉を出発させられた足利尊氏は京に向かって西進していきます。

ところが,足利尊氏は、京を通過してそのまま西進し、元弘3年(1331年)4月27日、源氏の氏神である八幡大菩薩を祀る篠村八幡宮に到着します。

そして、2日後、足利尊氏はこの篠村八幡宮で歴史を変える一大判断をします。

六波羅探題滅亡

足利尊氏旗揚げ(1331年4月29日)

足利尊氏は、篠村八幡宮の地で反鎌倉幕府の立場を表明して後醍醐天皇方に寝返ります。

討幕の決意を表明した足利尊氏は、戦勝祈願の願文を神前で読み上げてその願文に添えて鏑矢を1本神前に奉納し、その後、弟の足利直義、吉良、一色、仁木、細川、今川、高、上杉らの諸将も続いて矢を一本ずつ納めて必勝を祈願したそうです。

なお、このとき諸将が納め矢は段々と積み重なり、最後には塚のようになったそうです。

篠村八幡宮の境内には、このとき奉納された矢が埋葬されたと伝わる矢塚の跡が残されています。

鎌倉幕府打倒を決めた足利尊氏は、全国の武士に密書を送り協力を要請します。

足利尊氏の要請に応じて続々と反鎌倉幕府の武士が集まり、その数は2万人を超えたと言われています。なお、このとき駆けつけてくる武士の目印とするため、篠村八幡宮の境内にある楊の木に足利家の家紋「二両引」印の入った源氏の大白旗が掲げられたと伝えられています。

足利尊氏は、東進してきた赤松則村ら周囲の反鎌倉幕府勢力をも取り込み、大軍を率いて京の鎌倉幕府勢力の拠点である六波羅探題を目指します。

六波羅探題陥落(1331年5月7日)

京に到着した足利尊氏は、かつて大内裏があった場所に陣を敷き、京の中で起こる小競り合いを鎮圧しながら六波羅探題に向かって軍を進めて行きます。

六波羅探題にたどり着いた足利尊氏は、東側のみ開けて六波羅探題を取り囲みます。

大軍である足利尊氏軍に囲まれた六波羅探題では、勝ち目がないと考える兵が次々に開けられた東側から逃亡していきます。

六波羅探題を任されていた北条仲時と北条時益は、逃げていく兵を見て籠城戦でも勝ち目がないと判断し、六波羅探題の放棄を決めます。

そこで、北条仲時と北条時益は、光厳天皇・花園上皇・後伏見上皇を連れて六波羅探題を出て鎌倉を目指します。

もっとも、途中で北条時益は討死し、北条仲時は自刃して果てます。

北条仲時に従って落ちてきた武士もまた、北条仲時を追って次々と自刃し、六波羅探題は滅亡します。

そして、六波羅探題の滅亡と同時に、千早城攻めをしていた軍勢も散り散りに逃げ、畿内は完全に足利尊氏に制圧されます。

鎌倉幕府滅亡(1331年5月22日)

その後、反鎌倉幕府の流れは鎌倉にも波及し、新田義貞によって鎌倉が陥落し、北条高時をはじめとする北条氏一門が東勝寺で自刃して鎌倉幕府は滅びます。

その後、京に戻った後醍醐天皇によって建武の新政が始まります。‎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です