【足利義教】織田信長を超える魔王・万人恐怖政治をした室町6代将軍

室町幕府の将軍に織田信長を超える魔王がいたことをご存知ですか。

6代将軍・足利義教です。

高い能力を発揮して室町幕府の権威を取り戻したという成果がある反面、権力を集めてやりたい放題やりまくって万人恐怖政治と恐れられた暴君でもあります。

本稿では、そんなやりたい放題将軍、足利義教の生涯について見ていきましょう。

将軍になるまで

足利義教は、応永元年(1394年)6月13日、室町幕府3代将軍・足利義満の子として生まれます。少なくとも兄が3人いたことはわかっていますが、何番目の男子であったかについては明らかとなっていません(なお、足利義教は、名前が色々変わっているのですが、ややこしいので、本稿では、足利義教で統一します。)。

足利義教には複数名の兄がいるために足利義教が将軍家を継ぐことはないと考えられ、その結果として、武家の慣しとして、お家騒動の種を刈り取るという理由で、足利義教は若くして仏門に入ります(入れられます)。

応永10年(1403年)に青蓮院に入室し、そこから仏教界の出世の階段を駆け上がっていきます。


応永15年(1408年)3月4日に得度して門跡となり「義円」と名乗っています。なお、この日に異母兄弟の鶴若丸が従五位下に叙爵されており、正式に足利義教は足利義満の後継者候補から外れました。
その後、応永26年(1419年)11月、153代天台座主となります。若くして仏教界のトップに上り詰めた訳です。

この大出世は、もちろん足利義教が、室町3代将軍・足利義満の子供であったからなのですが、理由はそれだけではなかったようです。
足利義教は、極めて高い能力を持っていたようで、「天台開闢以来の逸材」と呼ばれる天才で、将来を嘱望されていたためでもあったそうです。

くじ引き将軍誕生

応永32年(1425年)、室町幕府5代将軍・足利義量が死亡したため、その後、4代将軍でもありかつ5代将軍の父でもある足利義持(足利義教の兄でもあります。)が代行して政治を行っていました。
ところが、応永35年(1428年)、足利義持が病に倒れ、次期将軍を決めることなく死亡します。足利義持が後継者を選ばなかった理由として、一説には京都・石清水八幡宮で男児が生まれるとのお告げが出たため、その子に将軍を継がせようと思ったのだなどと言われていますが、真相はわかりません。

いずれにせよ、次期将軍が決まっていないため、配下の者達でああだこうだと議論を重ねますが、誰もが自分の意を汲んでくれそうな人を推すため、話し合いではなかなか決めきれません。
そのため、やむなく、足利義持の弟である梶井門跡義承、大覚寺門跡義昭、相国寺虎山永隆、足利義教の中から籤引きで次期将軍を選ぶことになりました。

議論して決まらないからと言って、籤引きで決めると言うのもどうかと思いますが、この時点では管領達による合議で政治を行うことが慣例化していましたので、神輿にすぎない将軍など誰でもいいとの判断に至ったのかもしれません。

そして、応永35年(1428年)1月17日、京都にある石清水八幡宮で籤が引かれ、見事(?)、足利義教が当選します。
足利義持は、一旦は将軍就任を固辞しますが、決まった事だからと室町幕府の重臣・大名達に強く説得され、やむなく応諾することになりました。

幕閣は権力の空白状態を埋めるべく、足利義教の1日も早い将軍就任を望んだのですが、足利義教は元服前に出家したため俗人としては子供の扱いであり、さらに無位無官でもありました。
そこで、足利義教の髪が生えるまで待ち、応永35年(1428年)3月12日に足利義教は、還俗して名を「義円」から、「足利義宣(よしのぶ)」に改名した後、正長2年(1429年)、足利義教は、名を「足利義宣」から「足利義教」に改めて将軍宣下を受け、前代未聞の籤引き将軍誕生に至りました。

失墜した将軍権威の回復への途

将軍就任を果たした天才・足利義教は、父である足利義満のような強い権力を発揮したいと考え、黒衣の宰相として知られた三宝院萬済と共に失墜した幕府権威の復興と将軍親政の復活のために動きはじめます。

直接政治

足利義教は、自身への権力集中手段として、まず手始めに、それまでの身分・家柄により固定化された評定衆・引付に代わって、足利義教が参加者を指名した上で主宰する御前沙汰を協議機関とすることとしました。

次に、室町幕府ナンバー2である管領の力を削ぐことに尽力します。具体的には、それまで管領を経由して行ってきた諸大名への諮問を将軍が直接諮問するなど、管領の権限抑制策を打ち出しました。

次に、管領を所務沙汰の場から排除する一方で、増加する軍事指揮行動に対処するために、軍勢催促や戦功褒賞においてはこれまでの御内書と並行して管領奉書を用いるようになりました。

さらに、足利義持の時代に中断した大国・明との勘合貿易を再開させ、財政強化にも務めました。

加えて、足利義教は、権威の象徴として、訴訟の仲裁についても制度改革を試みています。

権威を高めるための儀礼の復活

足利義教は、室町幕府の権威回復のため、父足利義満時代の儀礼などの復興をしています。

また、足利義教は、調停に対しても強い態度をとり、称光天皇死後の皇位継承問題を手がけたりもしています。

さらに、足利義教執奏のもとで、後花園天皇の新続古今和歌集の編纂を進めたりもしています。

軍事力強化

財政基盤・権威を高め、政治に対する直接関与の途を開いた足利義教は、武家政権の基盤である軍事力強化にも乗り出します。

まず手始めに、有力守護に依存していたそれまでの軍事政策を改め、将軍直轄の奉公衆を再編、強化して独自の軍事力を強化します。

そして、得られた軍事力をもって、室町幕府の勢力を高めていきます。

卓越した軍事行動

鎌倉府の廃止と東国直接支配

室町幕府は、直轄地が少なかったために経済力が弱く、そのために軍事基盤も脆弱であり、京都にあった室町幕府だけで、全国をあまねく統制することは不可能でした。

室町幕府は、この問題を解決すべく、全国に守護・地頭を配置して幕府の支配を及ぼそうとしました。よく言えば地方分権ですが、悪く言えば丸投げです。

また、西を室町幕府で、東を鎌倉府で統治するという2元政治構想の下、貞和5年(1349年)、室町幕府は、関東に特別の機関をおきました。鎌倉府と呼ばれる機関です。

そして、鎌倉府のトップである鎌倉公方(当時は、鎌倉殿と言われていました。)に足利尊氏の4男である足利基氏を据え、関東統治を任せました。

ところが、3代将軍足利義満が亡くなった後から、急速に室町幕府の力が衰え始めます。

幕府の衰えは、鎌倉公方に対する幕府の統治力の衰えでもありますので、室町幕府の求心力の低下に伴って、鎌倉公方の増長が始まります。
それまで幕府の指示に従っていたものが、指示を無視するように、さらには反論をするようになり、その後は小さな反発を繰り返すという様に鎌倉公方の問題行動が進みます。

そして、永享10年(1438年)、4代鎌倉公方であった足利持氏がとうとう室町幕府に対して大規模な反乱を起こすという事態に発展します。永享の乱です。

足利持氏は足利義持没後に自分が将軍に就任できると信じていたのですが、その期待に反して将軍職についた足利義教を還俗将軍と呼び恨んでいたのです。

そんな折、鎌倉公方を補佐する関東管領上杉憲実が、身の危険を感じて職務を放棄して領国の上野に逃亡したために、足利持氏は、鎌倉から上杉憲実のいる上野国平井城に向かって兵を進めるという事件が起きます。

これを聞いた足利義教は、鎌倉公方・足利持氏を討伐するチャンスと考え、まずは関東の諸大名に持氏包囲網を結成させ、持氏討伐の勅令を奉じて朝敵に認定し、その上で駿河国を治める今川範忠に指示を出し、足利持氏の出陣によって留守となった鎌倉を攻撃させ、結果、鎌倉公方足利持氏は敗れて自害に追い込まれ、永享の乱は終わります。

鎌倉公方の暴走に懲りた足利義教は、これをきっかけに鎌倉府を廃し、室町幕府による関東の一元支配を試みます。

このように、足利義教は、低下しつつあった室町幕府の中興の祖ともいえる卓越した働きを見せています。

もっとも、その能力の高さに反し(あるいは、その能力の高さからか)、思いのまま政治を動かそうとし、暴君ぶりを爆発させます。

延暦寺とのいさかい

足利義教は、社寺勢力へも積極的に介入します。

手始めは、都のすぐ隣の天台宗の総本山延暦寺からです。
当時の宗教勢力は、一大軍事力を有する危険な存在でした。

そこで、かつて天台座主でもあった足利義教は、還俗後すぐに弟の義承を天台座主に任じて天台勢力の取り込みを図ります。

その後、延暦寺内でのもめごとが発生した際には、足利義教がこれに介入して治めようとします。

もっとも、延暦寺側は、足利義教になど従いません。

あるとき、頭にきた足利義教が、室町幕府軍を動員して比叡山延暦寺を包囲するとの事態に発展します。

その後、一旦は両者の間で和睦を成立させて兵を引くも、足利義教は収まらず、比叡山延暦寺の高僧4人を京に呼び出して処刑したのです。

思い通りにならないものは処断するという見せしめでした。なお、この報を聞いた延暦寺の山徒は激昂し、抗議のため根本中堂に火をかけて24人もの山徒が焼身自殺するという事件に発展しています。

このときの炎は京都からも見え、世情は騒然となったのですが、足利義教はその後に比叡山について噂する者を斬罪に処す触れを出し、実際にそのことを口にした者を処刑しています。

元天台座主が天台宗を弾圧する。およそ考えられないことが起こったのです。

万人恐怖政治

そして、延暦寺事件をも契機として、足利義教の恐怖政治はエスカレートし、「万人恐怖」の将軍と恐れられるようになっていきます。

足利義教の暴挙の例を挙げるといとまがありません。

当時流行していた闘鶏の観客により道が混んでいたために足利義教の行列が通れなかったことに腹を立て、京都中の鶏を放逐してしまったこともあります。

将軍の儀式の際に微笑んだ公家の者に対し、将軍を笑ったとして所領没収の上蟄居させたり、食事の際に酌をさせていた次女に対して、お酌が下手だと言って殴りつけて挙句の果てには尼にしてしまったこともあります。

やりたい放題です。

守護大名の抑圧

そして、将軍への権力集中もあって傍若無人ぶりがエスカレートし、足利義教は、守護大名たちの権力にも及びます。

前記のとおり、室町幕府はその成立時点から、その基盤が脆弱で、将軍といえども、細川氏、斯波氏、山名氏、赤松氏などの有力大名を押さえつけることができませんでした。

この点、足利義教の父3代将軍足利義満は立ち回りが上手で、これらの有力大名の中から突出した勢力を作らないよう、出る杭を小さい間に摘んでいくという方法で室町幕府を守っていたのです。

足利義教も、足利義満のやり方を見て、自分も有力大名をうまく操ろうと考えたのですが、その手段として有力大名の家督相続に積極的に介入することを採用しました。人事権があれば、その勢力に顔がきくという判断です。

ところが、足利義教は、本来家を継げる立場ではない自分が気に入った人物に家督を継がせたり、分家を立てさせたりし始めます。足利義教の命で当主が暗殺されることまで起こります(足利義教の意に反した守護大名、一色義貫と土岐持頼は大和出陣中に誅殺されています。)。

この足利義教の動きは守護大名たちにとっては脅威となります。いつか足利義教によって自分の地位が奪われるのではないかという疑心暗鬼に苛まれるようになるからです。

そして、遂に、やられる前にやってやるという人物が現れます。赤松満祐です。

足利義教の最期(嘉吉の乱)

  1. 赤松家は、元々播磨国の豪族で、鎌倉時代末期の当主赤松則村の代に足利尊氏に従っています。

赤松則佑は、ゲリラ戦の名人であり、尊氏が九州に落ちたときには播磨で新田義貞率いる朝廷の大軍を引きつけて城を守り切るなど、足利尊氏から絶大な信頼を得ていました。

その後、赤松則佑の代でも足利義満から厚い信頼を受け、赤松満佑(赤松則佑の孫)の代には、播磨国・備前国・美作国の守護にも任じられています。

そんな赤松満佑は、足利義教と良好な関係を築いていたのですが、足利義教の守護大名抑制策が次々と実施される中、足利義教が、赤松満祐から守護の位を取り上げて、赤松貞村に与えようと画策しているとのこと噂を耳にします。

赤松満祐はこの噂に不安を掻き立てられ、やられる前にやろうと決心します。

赤松満祐は子である赤松教康を使者として足利義教に対し、結城合戦の戦勝祝いと自邸の庭に鴨が子を連れてやってきているので見て欲しいと告げ、足利義教に赤松邸への「御成り」を要請したのです。

謀反の企みを知らない足利義教はこの申し出を快諾し、大名や公家を連れて赤松邸に赴いたのですが、このとき赤松満祐の部下に殺害されます(嘉吉の乱)。

万人恐怖の将軍のあまりにもあっけない最期でした。

天下の室町幕府将軍が、白昼堂々と臣下の屋敷で首を取られるという大事件により、室町幕府の権威は地に落ち、応仁の乱をももたらす悲劇につながることとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です