【源実朝】甥の公暁に暗殺された鎌倉幕府最後の源氏将軍

源実朝(みなもとのさねとも)は、北条氏による専制政治の神輿として12歳の若さで鎌倉幕府第3代征夷大将軍に就任した人物です。

名目上は武士の頂点にいるはずなのですが、実質的にはお飾りであったため、武士としての立場を諦め、公家の文化に心酔していった人物でもあります。

その結果、歌人としても名高く、92首が勅撰和歌集に入集したり、小倉百人一首にも選ばれたり、自撰の和歌集である金槐和歌集まで発表しています。

政治に興味を失った源実朝でしたが、用済みになると北条家にけしかけられた甥で猶子でもあった公暁に暗殺されるという悲しい最期を迎えます。

本稿では、この源実朝暗殺事件について、その発生機序から順に解説していきます。 “【源実朝】甥の公暁に暗殺された鎌倉幕府最後の源氏将軍” の続きを読む

【北条時政】数々の御家人を排斥するも最後は息子に隠遁させられた鎌倉幕府初代執権

北条時政(ほうじょうときまさ)は、源頼朝の妻・北条政子の父であり、流人に過ぎない源頼朝に味方して反平家の兵を挙げ、東国の一豪族に過ぎなかった北条氏を一代で鎌倉幕府の権力者に押し上げた人物です。

また、鎌倉幕府内で、御家人を粛清し続けて、果ては将軍まで手にかけたのですが、最終的には自分の息子(北条義時)と娘(北条政子)に追放されて政治生命を断たれるという悲しい最期を迎えています。

必ずしもいい評価を受けているとも言い難いのですが、本稿では、先見の明と大胆な行動力を持つ北条時政の波瀾万丈の人生について見て行きたいと思います。 “【北条時政】数々の御家人を排斥するも最後は息子に隠遁させられた鎌倉幕府初代執権” の続きを読む

【梶原景時】源義経を死に追いやった御家人の生涯

源義経と対立して死に追いやったとして悪役にされがちな梶原景時。

実際は、KYで政治的才能がなかった源義経に振り回されて苦労した人物です。

ならず者集団であった鎌倉武士団の中で、数少ない教養・風流人でもありました。

石橋山の戦いで源頼朝を救って重用され、北条家による他氏排斥運動に巻き込まれて生涯を終えた梶原景時の人生を振り返っていきましょう。 “【梶原景時】源義経を死に追いやった御家人の生涯” の続きを読む

【土肥実平】挙兵直後から源頼朝に従い信頼を得た武将

土肥実平・土肥實平(どひさねひら/どいさねひら)をご存知ですか。

桓武平氏の血筋でありながら、源頼朝の挙兵直後からこれに従って転戦した武将です。

相模土肥氏・小早川氏の祖とされ、数々の武功を挙げた有能な武将なのですが、いまいち知名度がありません。

そこで、本稿では、土肥実平の経歴について簡単に紹介していきたいと思います。 “【土肥実平】挙兵直後から源頼朝に従い信頼を得た武将” の続きを読む

【築山殿】悲劇の死を遂げた徳川家康の最初の正室

東照大権現・徳川家康の最初の正室であった築山殿(つきやまどの)は、徳川家康の命により殺害されています。

余りにも有名な歴史的事件なのですが、その詳細は実はよくわかっていません。

かつては織田信長の命令によるものであったとするのが一般的だったのですが、現在では疑問を呈されています。

よくわかっていない事件であることを理解しつつ、本稿では、歴史的事実関係を基に、かつての説を踏まえて説明し、疑問点を提起したいと思います。 “【築山殿】悲劇の死を遂げた徳川家康の最初の正室” の続きを読む

【今井兼平】壮絶な最期を遂げた木曾義仲四天王

今井兼平(いまいかねひら)は、木曾義仲(源義仲)の乳母子として育ち、木曾義仲の上洛に力を尽くした義仲四天王の一人です。

死の間際まで木曾義仲に添い遂げ、壮絶な最期を遂げたことでも有名です。

本稿では、そんな忠義の猛将、今井兼平について見ていきましょう。 “【今井兼平】壮絶な最期を遂げた木曾義仲四天王” の続きを読む

【山木兼隆】挙兵した源頼朝の最初の餌食となった伊豆国の目代

山木兼隆(やまきかねたか)をご存知ですか。

平兼隆、大掾兼隆(だいじょうかねたか)とも言いますが、この名を聞いてピンと来た方は日本史オタクです。マニアと呼べるかもしれません。

山木兼隆とは、伊豆国に流されていた源頼朝が、平家打倒の兵を挙げた際に、最初のターゲットとされて殺された人物です。

人となりを知る詳しい資料があまり残っていないため、詳しい経緯は謎ですが、武家政権を確立したカリスマの初戦の相手ですので、知っておいて損はない人物でもあります。 “【山木兼隆】挙兵した源頼朝の最初の餌食となった伊豆国の目代” の続きを読む

【北条義時】鎌倉幕府を北条家独裁政権にした2代執権

源氏将軍から権力を奪取し、鎌倉幕府を北条氏の傀儡政権に仕上げた人物をご存知ですか。

そう、悪名高い北条義時(ほうじょうよしとき)です。

北条義時は、伊豆国の在地豪族・北条時政の次男として産まれ、兄の死と父を追放したことにより北条氏の実権を握り、傀儡将軍を立てた上で他氏排斥をし、仲恭天皇を廃し・3人の上皇を配流にまでして2代執権として実質上の北条氏独裁政権を作り上げた人物です。

権謀術数を駆使してドロドロの権力闘争を生き延びた波乱万丈の人物であり、令和4年(2022年)のNHK大河ドラマの主人公でもあります。 “【北条義時】鎌倉幕府を北条家独裁政権にした2代執権” の続きを読む

【東郷平八郎】日本海海戦を勝利させた連合艦隊司令長官

東郷平八郎は、日露戦争で連合艦隊司令長官として指揮を執り日本海海戦での完勝に導き、日本国内では陸の大山、海の東郷と評され、また外国でもアドミラル・トーゴー、東洋のネルソンと呼ばれた傑物です。

有名すぎて、いまさら説明するまでもないかもしれません。

もっとも、英雄的な側面がクローズアップされ神格化されている東郷平八郎ですが、実は晩年には老害的な行為も多々引き起こしている実に人間臭い魅力的な人物でもあります。

本稿では、そんな東郷平八郎の人生について見ていきます。 “【東郷平八郎】日本海海戦を勝利させた連合艦隊司令長官” の続きを読む

【織田信秀】津島・熱田支配による経済力を基に革新的政策を打ち出した織田信長の父

織田信秀をご存知ですか。

織田信長の強烈な個性の陰に埋もれた人物で、多くの人のイメージは、葬式の際、織田信長から位牌に抹香を投げかけられるという程度のものじゃないでしょうか。

実は、織田信秀は、織田信長の飛躍の基礎となる津島湊・熱田湊という経済基盤に加え、革新的を作り上げた人物なのです。

本稿では、尾張の虎と呼ばれ、尾張国内外に織田弾正忠家の勢力を拡大させ、織田信長飛躍のきっかけを作った織田信秀について説明していきたいと思います。 “【織田信秀】津島・熱田支配による経済力を基に革新的政策を打ち出した織田信長の父” の続きを読む