【関東の戦国史】公方、関東管領、北条を出来るだけ易しく説明します

学校で習う戦国時代の歴史は、中部地方より西の話がほとんどです。現在の政治・経済の中心地であるにも関わらず、関東地方の歴史が詳しく勉強する機会はなかったのではないでしょうか。

しかも、関東の戦国史には、何とか公方・足利何とか・上杉何とかやら、似たような名前ばっかり出てくるため、訳が分かりません。

このややこしい関東の戦国史は、以下の3期に分けて考えると理解が進みます。というか、結構面白いです。

第1期が幕府と鎌倉府の対立(1349年~1467年ころ)、第2期が関東管領家の内乱(1467年ころ~1493年ころ)、第3期が北条家の台頭(1493年ころ~1590年)です。

では,一緒に見ていきましょう。
“【関東の戦国史】公方、関東管領、北条を出来るだけ易しく説明します” の続きを読む